[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

EANコード

pointこの用語のポイント

pointJANコードのことだと思っていいよ

point「○○国の××事業者の△△商品」を表しているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

EANコードとは

いわゆる「JANコード」の国際社会で通用しますよ版。
つまり

「どの国の、どの企業の、どの商品ですよ!」を数字にしたもの(をバーコードにしたもの)
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「バーコード」と「JANコード」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

バーコードは「縞々で数字や文字を表現したもの」です。
見た目は長方形で、横に細長くて縦に縞々が入っているアレですよ、アレ。

EANコード

JANコードは「商品に付いていてレジでピッ!ってやるバーコード」です。

EANコード2

※実際にはバーコードの中身がJANコードなのかもしれませんが、そこら辺はゆるく捉えてください。「JANコード」という用語は、バーコードの話で、よく出てきます。

JANコードの中身は

商品識別用の数字

です。
それ以上でもそれ以下でもありません。

単純に

1.「どこの国か?」を表す数字
2.「どこの企業か?」を表す数字
3.「どの商品か?」を表す数字
4.間違いチェック用の数字


をくっつけて、バーコードにしただけです。

EANコード3

例えば、ピヨピヨ国に割り当てられている数字が「01」だったとしましょう。
ピヨピヨカンパニーに割り当てられている数字は「00002」です。
ピヨピヨパソコンに割り当てられている数字は「00003」でした。
間違いチェック用の数字は「6」だったことにします。

全部くっつけると「0100002000036」になります。

EANコード4

この数字をバーコードにしたものがピヨピヨパソコンのJANコードです。
※もしくは、間違いチェック用の数字を付ける前の数字「010000200003」がJANコードです。

EANコード5

ピヨピヨパソコンのJANコードはピヨピヨパソコンにペタっと貼られます。

EANコード6

ピヨピヨパソコンのJANコードをレジでピッ!ってやると「0100002000036」が読み取られます。

EANコード7

JANコードをピッ!とやって読み取られるのは「0100002000036」です。
ただの数字です。

ただし、読み取った方は

01:「ピヨピヨ国」を表す数字
00002:「ピヨピヨカンパニー」を表す数字
00003:「ピヨピヨパソコン」を表す数字
6:間違いチェック用の数字


だと知っています。
よって、JANコードを読み取ることによって「あぁ、これはピヨピヨ国のピヨピヨカンパニーで作られたピヨピヨパソコンなんだな」と分かるのです。

EANコード8

以上を踏まえて「中身はJANコードと同じようなものだけど海外に行ったらこっちの表現を使えよ!」が「EANコード(イアンコード)」です。
JANコードとEANコードは同じようなものだと思って、かまいません。

EANコード9

JANコードの「JAN」は「Japan Article Number(ジャパン・アーティクル・ナンバー)」の省略です。
EANコードの「EAN」は「European Article Number(ヨーロピアン・アーティクル・ナンバー)」の省略です。
似ていますよね。

EANコードは

商品識別用の数字

です。

1.「どこの国か?」を表す数字
2.「どこの企業か?」を表す数字
3.「どの商品か?」を表す数字
(4.間違いチェック用の数字)


をくっつけたもの(をバーコードにしたもの)です。

EANコード10

JANコードと同じですよね?

実際には、EANコードの方が先です。
EANコードのルールに従っている日本版EANコードがJANコードです。

……が、日本人には「JANコード」の方が馴染みがあると思ったので、JANコードを先に説明してみました。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「EANコード」って単語が出てきたら「商品識別用の数字なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク