[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

EC

pointこの用語のポイント

point商取引だよ

pointネットワークを通じて、やり取りするよ

point「eコマース」や「電子商取引」とも呼ばれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ECとは

「eコマース」の省略表現
であり

いわゆる「電子商取引」と呼ばれるものをカッコ付けて言った表現
です。
具体的には

インターネット等のネットワークを通じて商取引(お買い物)をすること
を指します。
よく分からない人は

Amaz○nとかで買い物をすること
と思ってください。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「電子商取引」と「eコマース」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

「電子」+「商取引」で「電子商取引」です。

EC

電子は、ここでは「コンピュータの世界」を意図しています。
そこから連想して「ネットワーク」と解釈してください。
あるいは、もっと大雑把に「インターネット」と解釈してもかまいません。

EC2

商取引は商取引です。
よく分からない人は「お買い物」と解釈してください。

EC3

つまり、コンピュータの世界、ネットワークを通じて買い物をすることをカッコ付けて言った表現が「電子商取引」です。

EC4

さて、この電子商取引ですがカタカナ語では「eコマース」と表現されます。
「電子商取引」と「eコマース」は同じ意味の用語です。

EC5

以上を踏まえて「eコマース」の省略表現が「EC(イーシー)」です。
Electronic Commerce(エレクトロニック・コマース)」の頭文字をとって「EC」ね。
「電子商取引」と「eコマース」と「EC」は、すべて同じ意味の用語です。

EC6

「電子商取引」とか「eコマース」とか「EC」とか書いてあると偉そうに感じますが、別に難しく考える必要はありません。

あなたはAmazonとかで買い物をしたことがありませんか?
Amazonで買い物をするときは、インターネットを使って、Amazonのホームページから欲しい物を注文します。

これは「ネットワークを通じた商取引」と言えます。
ECです。

あるいは、インターネットを使ってホテルを予約したことはありませんか?
インターネットを使ってホテルを予約する際は、ホームページに載っているカレンダーとかから「○○日に、この部屋を使いたいです!」と予約を入れます。

これは「ネットワークを通じた商取引」と言えます。
ECです。

あるいは……もう十分ですかね。

もちろん、個人の買い物だけではありません。
インターネット等のネットワークを通じて行うのであれば、会社対会社で行う商取引もECです。

とはいえ、難しいことを考えたくない人は

インターネットで行う買い物

と覚えてください。
それで困ることは少ないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「EC」って単語が出てきたら「インターネットで買い物することなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク