[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

e-Tax

pointこの用語のポイント

point確定申告ができるよ

pointインターネット経由でできるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

e-Taxとは

専用のホームページに行って、ぽちぽちと数字を入力することで、インターネット経由で確定申告ができる仕組みのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

別にIT用語ではありませんが、先に確定申告について簡単に説明しておきます。

確定申告は、大雑把に言えば「自分は今年、これだけの収入がありました~!だから、これくらい税金を納めますね~!」を自己申告する手続きです。
「収入」ではなく「所得」だったり、税金を納めるためではなく納め過ぎた税金を取り返すためにやったりもしますけどね。
具体的なことは他のところで勉強してください。

e-Tax

以上を踏まえて、確定申告をインターネット経由でやれる仕組みが「e-Tax(イータックス)」です。
「e-Tax」と書いて「イータックス」と読みます。

昔は確定申告をするためには税務署に行く必要がありました。
税務署に行って、確定申告用の紙に申告に必要な内容を書いて、提出していたのです。

e-Tax2

e-Taxでは、確定申告用の紙に書いた「申告に必要な内容」をホームページでポチポチと入力して申告します。
お家にいながらにして確定申告ができるのです。

e-Tax3

e-Taxのやり方は、そこまで難しくはありません。

最初にやるのはe-Taxを始めるための手続きです。
税務署に「俺、e-Taxをやるぜ!」と宣言したり、市役所とかに行ってe-Taxで使う電子証明書を発行してもらったりします。

e-Tax4

e-Taxを始めるための手続きが終われば、後はパソコンを使って確定申告が行えます。

まずはパソコンをポチポチして、e-Tax用のホームページに行きましょう。
GoogleとかYahoo!で「e-Tax」と入力して検索すると、一番上に出てくるはずです。

e-Tax5

ホームページに到着したら、画面の指示に従って事前準備をします。
変なソフトをパソコンに入れたりします。
やり方はe-Taxのホームページに書いてあります。
ホームページに書いてある説明を見ながら、ポチポチやってください。

e-Tax6

事前準備が終わったら本番です。
画面の指示に従って「申告に必要な内容」を入力していきます。

e-Tax7

「申告に必要な内容」の入力が終わったら、送って終わりです。
入力後の画面に送信ボタン的なものがあります。
それをポチっとしたら確定申告は完了です。

e-Tax8

確定申告が終われば、残るは納税です。
税務署に現金を持ち込んだり、口座振替をしたり、クレジットカードで支払ったりします。
私はお国のシステムのセキュリティをあまり信用していないので、現金を税務署に持ち込んで支払っています。

e-Tax9

やることは、これだけです。
そんなに難しくはありませんよね。

ただし、です。

手続きの本筋とは違うところで手間や時間がかかる可能性はあります。
私の過去の経験では

1.Windows Updateが終わらない
2.e-Tax用のソフトが上手く動かない
3.入力した内容を送信するのに何故か失敗する


のようなことがあり、時間を取られました。
順調に進めばかなり楽ですが、順調に進むかは別の話なのが悩ましいところです。

私がe-Taxを使い始めたころ(10年くらい前)のシステムに比べたら、大分こなれたとは思いますけどね。
最初の1回は、いろいろと問題が起きたりして、時間がかかるかもしれません。
2回目以降は税務署に足を運ぶよりも楽だと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「e-Tax」って単語が出てきたら「インターネット経由で確定申告ができる仕組みなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク