[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

edge (エッジ【データ構造】)

pointこの用語のポイント

point点と線で構成図を書いたときの線の部分だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

edge (エッジ【データ構造】)とは

点と線で構成図を書いたときの線の部分のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

例えば、そうですね。

1.AからB1とB2に枝分かれしている
2.B1からC11とC12に枝分かれしている
3.B2からC21が伸びている


構成の何かがあったとしましょう。

エッジ

これを点と線のみで簡略化して書くと、以下のようになります。

エッジ2

この簡略化した構成図における、線の部分が「エッジ」です。

エッジ3

ついでなので書いておくと、点の部分は「ノード」と言います。

エッジ4

あるいは、そうですね。

[パソコン]―[ルータ]―[サーバ]

な構成のネットワークがあったとしましょう。

このネットワークの構成図を書くと、以下のようになります。

エッジ5

さらに、これを点と線のみで簡略化して書くと、以下のようになります。

エッジ6

この簡略化した図における、線の部分(機器をつないでいるケーブル)が「エッジ」です。

エッジ7

まずは図を点と線で簡略化して書いてみてください。
その際の線に相当する部分がエッジです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「エッジ」って単語が出てきたら「『・―・―・』の『―』なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク