[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

.cgi【拡張子】

pointこの用語のポイント

point拡張子だよ

pointCGIファイルによく付くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

.cgi【拡張子】とは

ファイルの種類を表す目印(拡張子)のひとつ
であり

CGIファイルによく付く拡張子
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「CGI」と「拡張子」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

CGIは「お寿司屋さん方式のホームページを実現するための仕組み」です。
ホームページのファイルが置いてあるコンピュータ(Webサーバ)上にあるプログラムを実行して、動的にホームページを作るための仕組みです。

例えば、とあるパソコンさんから「ホームページのファイルをちょうだい」という注文が入ったとしましょう。

.cgi

普通のホームページでは、事前に作っておいたファイルを渡します。

.cgi2

普通のホームページでやれることは

事前に作っておいたホームページのファイルを渡す

だけです。
誰から注文が来ても同じファイルを渡します。
スーパーで売っている作り置きのお寿司のイメージです。

それに対して、CGIではページの作り置きをしません。
注文が入ると、Webサーバ上にいるプログラムさんが、その場でホームページのファイルを作って渡します。
ついでに他のお仕事をすることも可能です。

.cgi3

CGIでやれることは

(あれやこれやの処理をやった後で)ホームページのファイルを作って渡す

です。
その場で作るので、人によって渡すファイルの内容を変えたりできます。
その場で握ってくれるお寿司屋さんのお寿司のイメージです。

拡張子は「ファイル名の最後にくっついているファイルの種類を表す目印」です。
「hoge.txt」の「.txt」ように、ファイル名の一番右に「.(ドット)」と一緒にくっついている目印です。
ファイルの種類を表現しています。

.cgi4

拡張子は、実際にはファイル名の一部です。

任意の名前(hoge)+拡張子(.txt)

で1つのファイル名になります。

.cgi5

以上を踏まえて、CGIの仕組みで動くプログラムファイルに、よく付いている拡張子が「.cgi」です。

.cgi6

「cgi」の読み方については「シージーアイ」と読む人が多いと思います。
そのまんま、アルファベット読みですね。

拡張子「.cgi」は、Webサーバ上にいて、ホームページを見に来た人から何か注文が入ると仕事を始めるプログラムに付く拡張子です。
中身を何で作らなくちゃいけないという決まりはありません。
よって、中身を見たり編集する方法はケース・バイ・ケースです。

メモ帳などのテキストエディタで中身を見たり編集できる場合も多いですけどね。
テキストエディタで編集できるのは、その「.cgi」ファイルがテキストエディタで編集できるプログラミング言語で作られている場合です。

必ずしも

拡張子「.cgi」のファイル = テキストエディタで中身を見たり編集できる

と決まっているわけでは、ありません。
ご注意ください。

専用のソフトを使うプログラミング言語で作られている場合は、その専用ソフトを使って編集することになります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「.cgi」って拡張子が付いていたら「CGIファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク