[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

validation (バリデーション)

pointこの用語のポイント

point入力チェックだよ

point書式チェックだよ

point妥当性の確認だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

validation (バリデーション)とは

入力チェックのこと
……と書くと意訳し過ぎですかね。
本当は

入力内容や記述内容が要件を満たしているか、妥当性を確認すること
です。

image piyo

詳しく書くよ

無理やり一言で言えば「変なこと書いてない?」のチェックが「バリデーション」です。

バリデーション

辞書的には「妥当性の確認」を指す用語らしいですけどね。
IT関係で「バリデーション」と出てきたら

1.入力チェック
2.書式チェック(データの形式チェック)
3.妥当性の確認


の順番で読み替えてみてください。
それで、なんとなくの意味はつかめるはずです。

1つずつ順番に見ていきましょう。

「入力チェック」を意図するバリデーションは入力フォームとかを作っているときに登場します。

例えば、ここにピヨピヨお問い合わせフォームがあったとしましょう。
入力項目は「名前」と「TEL」と「内容」です。
あとは「送信」ボタンが付いています。

バリデーション2

おっと、ピヨ太君が間違って「TEL」欄に「ピヨ太」と書いてしまいました。
電話番号を書くべきところに間違って名前を書いてしまったのです。

バリデーション3

このまま送られてしまったらマズいですよね。

でも、大丈夫です。
ピヨピヨお問い合わせフォームでは、実際に送る前に「『TEL』欄に入力された内容は電話番号っぽい書式になっているかな?」をチェックします。

バリデーション4

案の定「『ピヨ太』ってのは電話番号っぽくないね」とエラーになりました。

バリデーション5

この話における「『TEL』欄に入力された内容は電話番号っぽい書式になっているかな?のチェック」がバリデーション(の一例)です。
入力フォームに入力された内容の妥当性を確認する行為です。

バリデーション6

「書式チェック(データの形式チェック)」を意図するバリデーションも「データの妥当性確認」という意味では「入力チェック」と同じです。
ただし、対象となるものが少し違います。

例えば、ここにピヨピヨプログラムがあったとしましょう。
ピヨピヨプログラムは、電話番号が書いてあるファイルを読み込んで、その電話番号宛てにモーニングコールをかけてくれるプログラムです。

バリデーション7

ところがどっこい、ある日のことです。
ピヨピヨプログラムは間違って、ピヨ子さんの乙女の秘密日記ファイルを読み込んでしまいました。

バリデーション8

乙女の秘密日記ファイルには電話番号が書いてありません。
一体、ピヨピヨプログラムは、どうなってしまうのでしょう?

バリデーション9

大丈夫です。
ピヨピヨプログラムは、実際に電話をかける前に「ファイルの中身は電話番号っぽい書式になっているかな?」をチェックします。

バリデーション10

結局「このファイルの中身の書式は電話番号っぽくないね」と判断され、変なことは起こりませんでした。

バリデーション11

この話における「ファイルの中身は電話番号っぽい書式になっているかな?のチェック」がバリデーション(の一例)です。
ファイル等の内容の妥当性を確認する行為です。

バリデーション12

あとはホームページのファイル(HTMLファイル)がルールに沿って作られているかのチェックなんかも「バリデーション」と呼ぶみたいですね。
これも「ファイル等の内容の妥当性を確認する行為」と捉えられるので「書式チェック(データの形式チェック)」と読み替えれば意味はつかめるはずです。

IT関連、特にプログラミングやシステム開発の話で出てくる「バリデーション」は、ほとんどが、この2つの意味のどちらかです。

1.入力チェック
2.書式チェック(データの形式チェック)


の、どちらかに読み替えれば意味はつかめると思います。

とはいえ、辞書的には「妥当性の確認」とか、そんな感じの意味の用語です。
もし上の2つのどちらに読み替えても意味がつかめなかったら

3.妥当性の確認

と読み替えてください。

実際に何の妥当性を確認するのかは前後の文脈から判断する必要があると思いますけどね。
そこは自分で頑張ってくださいな。

バリデーション13

ふぃ~、そんなところでしょうか。

あっ、そうそう。
中には「バリデーション」ではなく「バリデーションチェック」と表現する人もいます。
実質的な意味は同じです。
そこら辺の表現の違いは、ゆるく解釈してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「バリデーション」って単語が出てきたら「妥当性の確認のこと……だけど、入力チェックとか書式チェックを指す場合が多いと思うよ、なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク