[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アクティベート

pointこの用語のポイント

point「おまえは、このソフトを使ってOKなやつなの?」を確認するよ

pointソフトの機能制限を解除するよ

point一般的には有料ソフトにくっついている仕組みだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アクティベートとは

「ライセンス認証」のこと。
つまり

「おまえは、このソフトを使ってOKなやつ?」を確認される作業のこと
です。
あるいは

ライセンス認証することによって、ソフトの機能制限を解除して、すべての機能を使える状態にすること
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「ライセンス認証」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

ライセンス認証は「おまえは、このソフトを使ってOKなやつ?」をソフト(を作った人)によって確認される作業です。

アクティベート

確認のやり方は、いろいろです。

例えば、お金を払うとパスワードをもらえて、そのパスワードをソフトに入力するやり方もあります。
初めて動かしたときに、インターネット経由で勝手に確認される場合もあります。
確認のやり方は「いろいろ」です。

ライセンス認証は、基本的には有料ソフトに付いている仕組みです。
そのソフトを使おうとしている人が本当にお金を払って買った人なのかを確認する目的で行われます。

アクティベート2

以上を踏まえて、ライセンス認証の別の呼び名が「アクティベート」です。

アクティベート3

あるいは、ライセンス認証を行うことによって、ソフトの機能制限を解除する(すべての機能を使える状態にする)のが「アクティベート」です。

有料ソフトは、最初の時点で何らかの制限がかかっているのが普通です。
まったく使えなかったり、一部の機能が使えなかったり、時間制限があったりですね。

アクティベート4

この制限を解除して好きに使える状態にする作業がアクティベートです。

アクティベート5

私自身は、ライセンス認証とアクティベートを区別しています。

ライセンス認証:ライセンス認証
アクティベート:機能制限の解除


との理解です。

ライセンス認証は「認証」です。
アクティベートは「制限の解除」です。
厳密に考えれば、違う意味の用語だと思います。

とはいえ、普通はライセンス認証をすることで機能制限が解除されます。
言い方を変えると

ライセンス認証によって、アクティベートされる

のです。
あるいは

アクティベートするにはライセンス認証を行う必要がある

とも言えます。

よって

ライセンス認証 ≒ アクティベート

と解釈しても、かまいません。
作業後は同じ状態になります。

ちなみに「アクティベーション」という用語もありますが、意味は、ほぼ同じです。
違いは「アクティベート」が動詞で「アクティベーション」が名詞なことくらいです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「アクティベート」って単語が出てきたら「ソフトの機能制限を解除して、すべての機能を使える状態にすることなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク