[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

低級言語

pointこの用語のポイント

pointプログラミング言語だよ

pointコンピュータさんが分かりやすいように作られた言語だよ

point「高級言語」の逆だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

低級言語とは

コンピュータさんに配慮して作られたプログラミング言語のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

実はコンピュータさんの分かる言葉と人間様の分かる言葉には大きな開きがあります。
コンピュータさんの分かる言葉が「ピポパピポ」だとしたら人間様の分かる言葉は「ご飯作って~」なイメージです。

そして人間様がプログラミング言語で書いたプログラムはコンピュータさんが分かる「機械語」という言葉に変換されてから実行されます。
余談ですが、この作業は「コンパイル」と言います。

「プラグラミング言語→コンパイル→機械語→実行」の流れですね。

このとき登場する「プログラミング言語」にはたくさんの種類があります。

中にはコンピュータさんに配慮して作られた言語もあります。
人間様には分かりにくいですが、ほぼ直接的にコンピュータさんに命令できる言語です。
「ピポパピポ」で書く言語ですね。

逆に人間様が分かりやすいように作られた言語もあります。
翻訳の手間は掛かりますが、人がプログラムを書くときに直感的に書きやすい言語です。
こちらは「ご飯作って~」で書ける言語です。

このようにプログラミング言語にはたくさんの種類があるのですが、そのうち「ほぼ直接的にコンピュータさんに命令できる言語」を「低級言語」と言います。
コンピュータさんが分かりやすいように作られたプログラミング言語です。
逆に「人間様が分かりやすいように作られた言語」は「高級言語」ね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「低級言語」って単語が出てきたら「コンピュータさん寄りプログラミング言語なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク