[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

DHCP

pointこの用語のポイント

pointコンピュータにIPアドレスを自動割り当てする仕組みだよ

pointインターネットをするときに必要な一部の設定をサーバさんがやってくれる機能だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

DHCPとは

コンピュータにIPアドレスを自動割り当てする仕組みのこと。
もう少しふんわりと書くと

インターネットをするときに必要な一部の設定をサーバがやってくれる仕組みのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

インターネットをするときはIPアドレスが必要です。
どのIPアドレスを使うかコンピュータに設定しなくてはいけません。

面倒くさいですね。

しかもIPアドレスは他のコンピュータと被ってはいけません。

1台2台ならともかく、100台とかあったらどーすんのよ?

そこで考えられた仕組みが「DHCP」です。

「DHCP」では「DHCPサーバ」と呼ばれるサーバが登場します。

DHCPサーバさんがIPアドレスを勝手にコンピュータに割り当ててくれるのです。
そのためコンピュータの方で一生懸命設定する必要がありません。

さらにDHCPサーバさんは今どのIPアドレスがどのコンピュータに割り当てられているのか知っています。
つまり他のコンピュータのIPアドレスと被る心配もありませんし、どのコンピュータがネットワークにつなげられているか把握できています。

これは便利ですね。

1.設定が楽
2.管理が楽

この2点がDHCPのメリットです。

逆にデメリットは

1.DHCPサーバが動いていないとインターネットできない
2.IPアドレスがたまに変わる

と言ったところでしょうか。

ちなみに買ったばかりのコンピュータに何の設定もしないでいきなりLANケーブルを挿してもインターネットができるのは、この「DHCP」さんのお陰です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「DHCP」って単語が出てきたら「IPアドレスを勝手に割り振ってくれる仕組みなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク