[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

スター型ネットワーク

pointこの用語のポイント

pointネットワークの形態だよ

point元締めを置いて、すべての通信をそいつ経由で行うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

スター型ネットワークとは

元締めの機械(ハブ)を置いて、すべての通信をそいつ経由で行うネットワークの形態
です。

image piyo

詳しく書くよ

元締めの機械を1つ置きます。

スター型ネットワーク

すべてのコンピュータを、元締めの機械に線でつなぎます。

スター型ネットワーク2

すべての通信は、元締めの機械を経由して行います。

スター型ネットワーク3

このようなネットワークの形態が「スター型ネットワーク」です。

スター型ネットワーク4

ちなみに、スター型ネットワークにおける元締めの機械は「ハブ」と言います。
気が向いたら、併せて覚えてあげてください。

スター型ネットワーク5

ここまでの説明がよく分からない人は、学校をイメージしてください。
その学校には、スゴイ優秀な「放送部」があります。

生徒間の連絡や先生と生徒の連絡は、すべて放送部を経由してやり取りします。
すべての情報が放送部に一旦集まり、そこからしかるべきところに割り振られる形です。

そのため生徒や先生は放送部のいる場所さえ分かっていればOKです。
他の生徒や先生がどこにいるか分からなくても連絡が取れます。

そのような形のネットワークがスター型ネットワークです。
放送部に相当するのがハブです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「スター型ネットワーク」って単語が出てきたら「すべての通信を元締め経由で行うネットワーク形態なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク