[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ハブ (hub)

pointこの用語のポイント

pointネットワークの中継機器だよ

pointスター型ネットワークの元締めだよ

point「スイッチングハブ」のことを指す場合も多いよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ハブ (hub)とは

スター型ネットワークの元締めかつ中継野郎のこと
が本来の意味ですが

「スイッチングハブ」のこと
を指している場合も多いです。

image piyo

詳しく書くよ

まずは本来の意味から行きましょう。

ネットワークの構成にはいくつか種類がありましてね。
その中に「スター型ネットワーク」という種類があります。

スター型ネットワークでは元締め用の機械を1つ置き、すべてのコンピュータは、その機械を経由してやり取りします。

ハブ

この元締めの機械が「ハブ」です。

ハブ2

イメージとしては……そうですね。
学校の中に、スゴイ優秀な「放送部」を置くイメージです。
生徒間の連絡事項や先生と生徒の連絡は、すべて放送部を経由してやり取りします。
すべての情報が放送部に一旦集まり、そこからしかるべきところに割り振られる形です。

すべての連絡を放送部経由で行うことで、先生や生徒は放送部のいる場所さえ覚えておけば良くなりました。
放送部に伝えれば、そこから先、実際に連絡したい相手には放送部が伝えてくれます。
他の先生や生徒がどこにいるか分からなくても連絡が取れるのです。

このようなネットワーク形態をスター型ネットワークと言います。
そして、このときの「放送部」にあたるのが「ハブ」です。

コンピュータはすべての通信をハブに向かって行います。
ハブは、コンピュータから来たデータを一旦受け取って、他のコンピュータに伝えます。

ハブ3

これが本来の意味の「ハブ」です。

さて、ここで登場したハブですが、実は2種類あります。
それは

1.みんなに送るけど自分に関係ない通信は無視してね!なハブ
2.送り先を判断してピンポイントで送るよ!なハブ


の2つです。

例えば、コンピュータAがハブに「コンピュータBにアレのことを訊いてくださ~い」とお願いを出したとしましょう。

ハブ4

このとき「1.みんなに送るけど自分に関係ない通信は無視してね!なハブ」は、全部のコンピュータに対して「Bさん以外は無視してくださ~い。Aさんがアレのことを訊いてるよ~」と送ります。

ハブ5

一方「2.送り先を判断してピンポイントで送るよ!なハブ」は、ピンポイントでコンピュータBに「Aさんがアレのことを訊いてるよ~」と送ります。

ハブ6

この2種類のハブのうち「1.みんなに送るけど自分に関係ない通信は無視してね!なハブ」は「リピーターハブ」と言います。

ハブ7

「2.送り先を判断してピンポイントで送るよ!なハブ」は「スイッチングハブ」です。

ハブ8

先生が生徒の呼び出しをするときに、リピーターハブは校内放送で「ピヨ太君、放課後職員室に来なさい」と伝えるイメージです。
ピヨ太君以外の人にも聞こえますが、ピヨ太君以外は放送を無視するでしょう。

ハブ9

スイッチングハブは、生徒の携帯に電話して「ピヨ太!放課後職員室に来い!」と伝えるイメージです。
ピヨ太君以外には、聞こえません。

ハブ10

この2種類のハブのうち、スイッチングハブを意図して「ハブ」と表現する場合も少なくありません。
というか、特に何もつけないで「ハブ」と言った場合は、スイッチングハブを指す場合が多いはずです。

リピーターハブは、最近では、ほとんど使いませんからね。
スイッチングハブは、LANケーブル用のテーブルタップとして、よく使います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ハブ」って単語が出てきたら「ネットワークの中継機器なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク