[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

メールソフト (mail software)

pointこの用語のポイント

pointソフトだよ

pointメールを見たり送ったりするときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

メールソフト (mail software)とは

メールを見たり送ったりするときに使うソフトのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

メールは「電子メール」の省略表現で「パソコンさんの世界のお手紙機能」です。
とはいえ、普通に「メール」って言えば分かりますよね?

メールソフト

それを踏まえて、メールをあれこれするのが仕事のソフトが「メールソフト」です。
受け取ったメールを見たり、逆に書いたメールを送ったりするときに使います。
他にも、アドレス帳だったり、あれやこれやの機能が付いています。

メールソフト2

メールソフトさんの仕事を、もう少し細かく見てみましょう。

どこかの誰かがあなたに送ったメールは、あなたの使っているメールサーバに届きます。
メールサーバは「メールに関する機能を提供してくれるコンピュータ」です。

メールソフト3

次に、メールサーバに届いたメールをメールソフトで受信します。
メールソフトでメールを受信することによって、メールサーバにあったメールは、あなたのパソコンに移動します。

メールソフト4

あとは、パソコン上でメールを見ます。

メールソフト5

これがメールを受信する際の流れです。
メールサーバにある受信メールをパソコンに持ってくるのがメールソフトのお仕事です。

メールを送信するときは、逆です。

あなたがパソコン上でぺちぺち書いたメールは、メールソフトさんの手によって、あなたのメールサーバさんに送られます。

メールソフト6

あなたのメールサーバさんに送られたメールは、あなたのメールサーバさんの手によって、相手のメールサーバさんに送られます。

メールソフト7

これがメールを送信する際の流れです。
パソコン上で書いた送信メールをメールサーバに預けるのがメールソフトのお仕事です。

メールソフトは「メーラー」や「メールクライアント」とも呼ばれます。
すべて同じものだと考えて、かまいません。

メーラーは「メールソフト」の別名です。
「メール(mail)」+「~する人(er)」で「メーラー(mailer)」です。
「人じゃないじゃん!」とツッコミたくなるかもしれませんが、ゆるく捉えてください。

メールクライアントは「メールサーバ」と対応する用語で「メールサーバさんとやり取りするやつ」の意味です。
メールソフトはメールを送ったり受け取ったりするために、メールサーバさんとやり取りをします。
メールソフトはメールクライアントと言えます。
用語としての意味は違いますが、指すものは(ほぼ)同じです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「メールソフト」って単語が出てきたら「メールを送受信するときに使うソフトなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク