[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

URN

pointこの用語のポイント

pointWebページの「名前」だよ

point「URI」や「URL」の仲間だよ

point滅多に出てこないから気にしなくていいよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

URNとは

Webページの「名前」のこと。
なんか誤解を招きそうな表現ですね。

Web上のファイルに対して特定のルールに従って付けた一意な名前のこと
らしいです。よく知らんけど。

image piyo

詳しく書くよ

Uniform Resource Name(ユニフォーム・リソース・ネーム)」の略で「URN(ユーアールエヌ)」ね。
記述方法は「urn:hoge:1234」のような形式らしいです。

「URN」という言葉を聞く機会はあまり多くありません。
そして「URN」が出てくるときは大抵「URL」と「URI」がセットで出てきます。

人間様の世界に当てはめると「住所」が「URL」、「名前」が「URN」、「宛先」が「URI」と言ったところでしょうかね。
「住所」も「名前」も「宛先」の一部です。

「住所」は引越せば変わりますが「名前」は変わりません。
そのためURNの説明ではよく「永続的」なんて表現が出てきます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「URN」って単語が出てきたら「Webページの『名前』なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク