[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

仕様変更

pointこの用語のポイント

point完成(予定)図を書き換えることだよ

pointできれば避けた方がいいよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

仕様変更とは

「こうなるはず!」な完成(予定)図を書き換えること
です。

image piyo

詳しく書くよ

仕様は「こうなるはず!」な完成図ね。
ケーキを作るのであれば「できあがるのは、どんなケーキか?」です。

仕様変更

この完成図を作っている途中で変更するのが「仕様変更」です。

仕様変更2

完成図が変われば、当然、作り方も変わります。
途中まで進めた作業との兼ね合いもあるでしょう。
仕様変更が発生する度に、かかる時間とお金は増えていくのが普通です。

さらに厄介な問題があります。

仕様変更で発生する追加コストを、どちらが負担するのか?

です。

注意してくださいね。
これがモメる元です。

普通に考えたら、仕様変更にかかるコストは「変更してよ!」と言った方が負担するべきでしょう。
「変更してよ!」と言うのはお客様なので、お客さまの負担ですね。
この部分では、そこまでモメないはずです。

ただし

変更内容が仕様変更と見なされるか

という点でモメる可能性があります。

作る方からすれば「えー、それは仕様変更だよー。後から言うなよー」な内容でも、お客さまからすれば「おいおい、それは最初からお願いしてた内容に含まれるだろ。仕様変更じゃないよ」と考える場合もあるからです。
何から何まで資料に書けるわけではありません。
「後からやることが増えた」のか「本来やるべきことをやっていなかった」のかは解釈次第なところが出てきます。

あるいは「これくらいだったら簡単に変更できるでしょ。追加費用がかかるの?これくらい、サービスでやってよ」と、お客さまがおっしゃる場合もあります。
「変更は変更だけど、仕様変更ってほど大げさな変更じゃないでしょ?」と考えている場合です。

KU・SO・GA!!

お客さまにとっての「ちょっとした変更」が作る側にとっては「ちょっとした変更」ではない場合が多々あります。
パッと見の「ちょっと」は「ちょっと」とは、かぎらないのです。
もちろん、その逆もありますけどね。

例えば、そうですね。

最初の仕様が

1.ホットケーキ
2.三段重ね
3.上に大きいアイスクリームが乗っている


だったとしましょう。

そこに仕様変更の依頼が入りました。
仕様変更の内容は

(1)ホットケーキを止めてデニッシュにしたい
(2)三段重ねじゃなくて五段重ねにしたい
(3)上にアイスクリームを乗せるのを止めたい


の3つです。

さて、(1)~(3)で一番簡単な仕様変更は、どれでしょう?
「こんな、ちょっとの変更で金をとるなよ。サービスでやれよ」と思う番号があれば教えてください。

ん?
「(3)」ですか?
ただ単にアイスを乗せるのを止めるだけだろ?
むしろ作業が減るんだから、そっちも助かるだろ?

そうですね。
一見すると確かにその通りです。

ところが、ですよ。

実はホットケーキはアイスを乗せる前提で味付けしていたのです。
ホットケーキ自体は、かなり甘さ控えめになっています。
さらに、アイスがトロリと溶けてホットケーキと絡むように若干パサパサ気味に焼き上げてあります。

アイスが上に乗らなかったら、ただのパサパサして味の無いホットケーキです。
美味しくありません。
アイスを乗せないのであれば、ホットケーキの味付けから考え直す必要があります。

うわー、これは大変ですね。
お金を追加で貰わないと、やってられません。

いかがでしょう。
「ちょっとした変更」でしたかね?

今のは極端な例ですが、仕様変更には

・「良い仕様変更」と「悪い仕様変更」
・「必要な仕様変更」と「不要な仕様変更」
・「できる仕様変更」と「できない仕様変更」


があります。
厄介なことに、これらは、パッと見のイメージ通りとは、かぎらないのです。

例え同じような変更内容でも、状況次第で難易度や必要性が大きく変わったりします。

仕様変更の「良・不良」「要・不要」「可・否」はケース・バイ・ケース

です。
覚えておいてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「仕様変更」って単語が出てきたら「完成(予定)図を書き換えることなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク