[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

回線速度

pointこの用語のポイント

point情報が伝わる速さだよ

point「一定時間にどれだけの情報量を送れるか」で表現するよ

point「通信速度」と同じ意味だよ

point特に「インターネットの通り道(電話回線とか光回線とか)」における通信速度を意図している場合もあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

回線速度とは

「通信速度」のこと。
つまり

線の中を情報がうねうね通るスピードのこと
です。
あるいは

インターネットの通り道(電話回線とか光回線とか)を情報がうねうね通るスピード
を意図する場合もあります。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「通信速度」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

通信速度は「通信における情報が伝わる速さ」です。

回線速度

通信速度の単位は、一般的に「bps(bits/secの意味)」や「Bytes/sec」を使います。
bps(bits/sec)は「1秒間に何ビットの情報を送れるか」です。
Bytes/secは「1秒間に何バイトの情報を送れるか」です。
どちらも「1秒間に、これだけの量を送れるよ!」を表現します。

以上を踏まえて、通信速度の別の表現が「回線速度」です。
通信は基本的に線(通信回線)を使って行いますからね。
「通信の速度」と「回線の速度(性能)」は、基本的に同じニュアンスです。

回線速度2

ただし、世の中には「通信速度」と「回線速度」を区別している人もいます。
区別している人は、回線速度を「インターネットの通り道(電話回線とか光回線とか)における通信速度」と解釈しているようです。
おそらく「回線速度」の「回線」を「通信回線」ではなく「電話回線」や「光回線」の省略表現と解釈しているのでしょう。

私自身は「通信速度」と「回線速度」は同じものと認識していますが、区別している人もいるというのは覚えておいてください。
その部分の認識にズレがあると、思わぬトラブルの原因になってしまいます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「回線速度」って単語が出てきたら「情報が伝わる速さなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク