[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

シフトキー (Shiftキー)

pointこの用語のポイント

pointキーボードのキーだよ

point押すと入力される文字が切り替わるよ

point大文字を入力したいときにアルファベットのキーと一緒に押すよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

シフトキー (Shiftキー)とは

大文字を入力したいときにアルファベットのキーと一緒に押すキーのこと。
すごい限定的な説明になってしまいました。

本当は

一緒に押すことで入力される文字が切り替わるキーのこと
です。

あるいは

パソコンのキーボードにくっついている「Shift」って書かれたキーのこと
とも言えます。

image piyo

詳しく書くよ

現在主流のキーボードは、1つのキーに対して複数の文字が割り当てられています。
例えば「Aち」のキーに割り当てられているのは「a」と「A」です。
※「ち」とかも割り当てられていますが、考える範囲が広くなるので半角英数字限定でお話します。

Shiftキー

他にも

「Aち」:「a」「A」
「Bこ」:「b」「B」
「Cし」:「c」「C」
  ・
  ・
「+;れ」:「;」「+」
「*:け」:「:」「*」
  ・
  ・


のように、それぞれのキーには複数の文字が割り当てられています。

でも押すのは同じキーですよね?
どうやって入力される文字を切り替えるの?

そこで登場するのが「Shiftキー」です。

Shiftキー2

例えば「Shiftキー」を押さないままそれぞれのキーを押すと左(abc;*)が入力される場合、「Shiftキー」を押しながら入力すると右(ABC+*)が入力されます

つまりShiftキーの有無で、押したキーは同じでも

押したキー:Shiftキー押さず ←→ Shiftキーぽちっ
「Aち」:「a」 ←→ 「A」
「Bこ」:「b」 ←→ 「B」
「Cし」:「c」 ←→ 「C」
  ・
  ・
「+;れ」:「;」 ←→ 「+」
「*:け」:「:」 ←→ 「*」
  ・
  ・


と入力される文字が切り替わるのです。
そんな役割を持っているのがShiftキーさんです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Shiftキー」って単語が出てきたら「入力される文字が切り替わるキーなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク