[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

B2C

pointこの用語のポイント

point商取引に関する用語だよ

point企業と個人のやり取りだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

B2Cとは

「個人相手の商売でっせ!」のこと。
つまり

一般消費者(個人)相手の取引のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

小難しい言い方をすると「企業対消費者間取引」です。
一般消費者(個人)を相手に行う商売のことを「B2C(ビーツーシー)」と言います。

Business to Consumer(ビジネス・トゥ・コンシューマー)」の略で「B2C」ね。
「to」は「トゥー」と読めるので、こじゃれた感じを演出するために、数字の「2(two、ツー)」に置き換えています。

B2C

例えば、そうですね。

ピヨ太君が運営するピヨピヨカンパニーは、あの魅惑の調味料、ハッピー○ーンの粉を販売しています。
この商品を、ピヨ子さんをはじめとした一般消費者が、いつも買っていってくれます。
ありがたいことですね。

B2B2

このような一般消費者(個人)相手の商売がB2Cです。

ところで、ピヨピヨカンパニーの商売はこれだけではありません。
アックマン株式会社とも取引しています。

B2B3

アックマン株式会社は、名前から分かる通り、会社です。
このように会社を相手にした商売は「B2B」と言います。

「B2C」と「B2B」はセットで覚えてあげてください。

B2C:消費者(個人)との商売
B2B:会社との商売


です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「B2C」って単語が出てきたら「一般消費者(個人)を相手にした商売なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク