[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

工数

pointこの用語のポイント

point作業量の表現だよ

point「時間×人数」で表現するよ

point単位としては「人月」や「人日」がよく使われるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

工数とは

「それやるのにどんくらい時間と人数が掛かるの?」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

「人数×時間」で表した作業量のことを「工数」と言います。
工数を表現する際、IT業界では「人月」や「人日」の単位がよく使われます。
ちなみに「人月」は「一人でやると何ヶ月掛かるの?」で「人日」は「一人でやると何日掛かるの?」ね。

この工数に単価を掛けて必要なお金を算出することも多いのです。
そのためお客さまから「どれくらいの工数掛かるの?」と訊かれた場合は注意が必要です。
言外に「いくらのお金が掛かるの?」と訊かれていると考えて良いかと思います。
迂闊に返事しちゃわないようにご注意ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「工数」って単語が出てきたら「時間×人数で表現した作業量なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク