[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

子 (child)

pointこの用語のポイント

point関係性を書いたときに下になる方だよ

point影響を受ける方だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

子 (child)とは

関係性を図に書いたときに下にくる方。
別の言い方をすると

同類で相手から影響を受ける方
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「親子関係において、影響を受ける方」が「子」です。
人間の親子関係と同じですね。

例えば、ここにピヨ太ママがいたとしましょう。

子

ピヨ太ママは、ピヨ太ママの要素を受け継いだピヨ太君を新しく作りました。
ピヨ太君には、ピヨ太ママの特徴が、色濃く受け継がれています。

子2

このときのピヨ太ママとピヨ太君の関係性を親子関係と言います。

子3

この親子関係において、ピヨ太君が「子」です。
影響を受ける方ですからね。

子4

ついでなので書いておくと、ピヨ太ママは「」です。
影響を与える方を「親」と言います。

子5

基本的に影響を与えるのは「親→子」の一方通行です。
そこが人間の親子関係との違いです。
子か親に影響を与えるケースもなくはないですが、かなりの例外です。

子6

せっかくなので、いくつか例を見ておきましょう。

オブジェクト指向の世界には「親クラス」と「子クラス」という用語があります。

クラスは「設計図」に相当するものです。
詳細は用語「クラス」の説明を、ご覧ください。

また、オブジェクト指向には「継承」という考え方があります。
継承は、継承元から要素を受け継いで、継承元の特徴を備えた新しい要素を作ることです。

それを踏まえて、読み進めてください。

例えば、ここにピヨ太ママクラスがあったとします。

子7

継承して、ピヨ太ママクラスの特徴を受け継いだピヨ太君クラスを新しく作りました。

子8

ピヨ太ママクラスとピヨ太君クラスの関係性は親子関係にあると言えます。

子9

このときのピヨ太君クラスが子クラスです。

子10

ピヨ太ママクラスを親クラスと言います。

子11

せっかくなので、もうひとつ例を挙げておきましょう。
親プロセス」と「子プロセス」です。

プロセスは「メモリを使って、なんかやっているプログラムひとつひとつ」です。
プログラムは、動いていればメモリを使っています。
よく分からなければ「実行中のプログラム」と読み替えてください。

子12

プロセスは処理の過程において、たまに増えます。
プロセスから別のプロセスを作ることがあるのです。

プロセスが増殖すると、もともと1つだったプロセスは2つになります。
2つのプロセスは

1.別のプロセスを作ったプロセス
2.新しく作られたプロセス


です。

この2つのプロセスのうち

2.新しく作られたプロセス

が子プロセスです。
後から登場した方のプロセスですね。

子13

もう一方の

1.別のプロセスを作ったプロセス

は親プロセスと言います。
最初からいた方のプロセスですね。

子14

親プロセスと子プロセスの関係性は親子関係です。

子15

他にも、いろいろな親子関係があります。

1.同類
2.片方が片方に影響を与えている


のが親子関係の特徴です。

そして、親子関係で影響を受ける方が「子」です。

ピヨ太君がピヨ太ママの要素を受け継いでいれば、ピヨ太君はピヨ太ママの子です。
ピヨ太君がピヨ太ママによって起動されるのであれば、ピヨ太君はピヨ太ママの子です。
ピヨ太君がピヨ太ママが存在する間しか存在できないのであれば、ピヨ太君はピヨ太ママの子です。

しつこいですが、2つの関係性において相手に影響を受ける方が「子」です。

ちなみに、親子関係が結ばれるのは基本的に同じ種類の物同士です。
ピヨ太君とピヨ太ママは親子関係が成立するかもしれませんが、ピヨ太君と苺大福は親子関係にはなり得ません。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「子」って単語が出てきたら「影響を受ける方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク