[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

TCP

pointこの用語のポイント

point通信プロトコルだよ

point品質重視だよ

pointインターネットとかで使われているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

TCPとは

通信するときに使うお約束事(通信プロトコル)のひとつ
であり

「安全性重視で会話のキャッチボールをしましょう」な通信のやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「通信プロトコルプロトコル)」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

通信をするときには、足並みを揃える必要があります。
片方が日本語で話しかけたのに、もう一方が英語でお返事をしたのでは、コミュニケーションが成り立ちませんよね。
それと同じです。

TCP

そこで「○○通信をするときは××なお約束事に従ってやり取りしようね」と事前に決まっています。
言い方を変えると

通信をするときには、お約束事が必要

なのです。

この「通信するときに使うお約束事」を「通信プロトコルプロトコル)」と言います。

以上を踏まえて、いろいろある通信プロトコルのひとつが「TCP」です。

TCPは、ざっくり書くと

送ったデータが相手に届いたか、その都度確認しながら通信するやり方

です。
小難しい言い方では

OSI参照モデルトランスポート層にあたるプロトコルで、インターネット等で利用される。信頼性は高いが転送速度が低いという特徴がある

といった説明がよくなされます。

ポイントは

信頼性は高いが転送速度が低いという特徴がある

です。
TCPは安全性重視で通信したいときに使います。

TCPを使った通信では、送り手がデータをぽいっと送ったら、受け取り側は「受け取ったよ~」と、お返事をします。
送り手としては「受け取ったよ~」の返事がくれば「あ~、ちゃんと届いたんだな」と安心できますよね。
「受け取ったよ~」の返事が来なければ、もう一回送ってみます。

ちゃんと届いたか確認しながらやり取りをするので

1.漏れなく伝わる可能性は高い
2.スピードは遅くなる


といった特徴があります。

TCPは相手の言ったことを復唱しながら罵り合うイメージです。

TCP2

これがTCPです。

ちなみに、TCPと比較されがちなやつに「UDP」があります。
UDPは、送った内容が相手に届いたかを確認しません。
送ったら、送りっぱなしです。
確認の手間が省ける分、TCPより速くやり取りできます。

UDPは相手の反応を気にしないでマシンガントークでガンガン悪口を言うイメージです。

TCP3

せっかくなので併せて覚えてあげてください。

TCP:安全性重視、確認を取りながら送る
UDP:スピード重視、確認を取らないで送る


です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「TCP」って単語が出てきたら「通信する上でのお約束事のひとつで、安全性重視でやり取りするやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク