[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

プログラミング言語

pointこの用語のポイント

pointコンピュータへ命令するときに使う言葉だよ

point人間様が見て分かるよ

pointプログラム(の元ネタ)を書くときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

プログラミング言語とは

コンピュータさんへ命令するときに使う人間語。
もう少し具体的に書くと

プログラムの元ネタ(ソースコード)を書くときに使う言葉
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として、プログラムを作る一般的な流れと「ソースコード」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

プログラムを作って動かすまでの一般的な流れは

1.人間語でプログラムの元ネタを書く
2.元ネタを人間語から機械語に翻訳する
3.翻訳された指示に従ってコンピュータさんがお仕事する


です。

プログラミング言語

コンピュータさんは人間語が分かりません。

プログラミング言語2

一方、人間様はコンピュータさんの言葉が分かりません。

プログラミング言語3

プログラムは人間様が作る物です。
そこで、最初は人間様が分かる言葉でプログラムを作ります。
コンピュータさんに対する「あれをやれ」「これもやって」な命令を人間語で書くのです。

プログラミング言語4

次に人間語で書いたプログラムの元ネタをコンピュータさんが分かる言葉に翻訳します。
実際に仕事をするのはコンピュータさんです。
コンピュータさんが命令の内容を理解してくれないと話になりませんからね。

プログラミング言語5

コンピュータさんが分かる言葉に翻訳したので、これでコンピュータさんは命令の内容を理解できます。
指示に従って、お仕事をしてくれるでしょう。

プログラミング言語6

かなり簡略化した説明ですが、これがプログラムを作る際の流れです。

以上を踏まえて、本題に入ります。

この話で登場した「人間語で書いたプログラムの元ネタ」を「ソースコード」と言います。

プログラミング言語7

そして「ソースコードを書くときに使う言葉」が「プログラミング言語」です。
言い方を変えると、コンピュータさんへ命令するときに使う人間語です。

プログラミング言語8

人間様の世界には、日本語、英語、中国語など、たくさんの言語があります。

プログラミング言語も同じです。
C言語Javaをはじめとして、たくさんの言語があります。

せっかくなので、プログラミング言語の有名どころを下の表にまとめておきますね。

言語説明
C言語覚えるべきことも多いけど、その分いろいろなことができる世界的にちょー有名なプログラミング言語。10年くらい前までは新人研修と言えばC言語でした
C++C言語にオブジェクト指向の概念とかを組み込んだプログラミング言語。欲張り過ぎたプログラミング言語として、私の中で有名
C#C++とJavaの良いとこ取りをしてパワーアップさせたようなプログラミング言語。マイクロソフトさんが考えた。C++++の「+」が4つ合体して「#」になったともっぱらの噂
COBOL事務処理用に開発された長老のようなプログラミング言語。特に大規模システムでまだ現役稼働していたりもする恐ろしい奴。たまにお仕事のお話をいただくのですが、ごめんなさい。私はコボラーじゃないのです。
Fortran大学の授業で使ったから印象深いのですが、どんな奴かは実は知りません。授業ほとんど聞いてなかったし
Java「どこでも動く」の理念で作られたプログラミング言語で「オブジェクト指向」という言葉を流行らせた奴
JavaScriptホームページに動きをつけるときに使われる(簡易的な)プログラミング言語
Objective-CC言語とSmalltalkが合体したような言語らしい。詳しくは知らない
Perl古き良きスクリプト言語。PHPにお仕事を奪われて久しい
PHPWeb系のプログラムを作るときによく使われるプログラミング言語。Perlの代わり。その気になればWeb以外でも使えるけど、あまりやらない
Python結構有名だと思うんだけど、お仕事では一度も使ったことがないプログラミング言語
Rubyオブジェクト指向なスクリプト言語。PHPの後釜を狙っていると私の中でもっぱらの噂。良くも悪くも制約が多いので個人的には嫌い
VBScriptマイクロソフトさんが開発したスクリプト言語なプログラミング言語。Visual Basicの構文を真似て作ったらしい
Visual BasicWindowsなら俺に任せろ!なマイクロソフトさんが開発したプログラミング言語
VBAMicrosoft Office製品で動くプログラムを作るために調整されたVisual Basic


たくさん種類があって涙目になる人もいるでしょう。
ですが、心配する必要はありません。
どれか1つ頑張ってマスターしてください。
そうすると、他のプログラミング言語も、ある程度分かるようになります。

実際のところ、違うプログラミング言語でも共通点は結構多いのです。
例えばC言語とJavaの違いなんて、せいぜい英語とフランス語の違いくらいです。

英語とフランス語、一見すると別の言語ですが、文法が同じだったり似たような単語があったりしますよね。

C言語とJavaも同じです。
似たような構文があったり、同じような関数があったりします。

そのため何か1つプログラミング言語をマスターしておけば、そのプログラミング言語と違うところ、言語ごとの方言を把握すれば使えるようになるのです。
「あー、C言語ではこんな書き方してたけど、Javaではこう書くのかー」「あっ、ここの構造はC言語とJavaで同じなのね」あるいは「うわ、これはC言語ではないなー。Javaの特徴だなー」のような覚え方をすることで、学習コストを小さくできます。

ちなみに2017年現在の流行りは、Java、PHPとかRuby、Visual Basicあたりでしょうか。
お手軽に始めたいならPHPやRuby、大規模システムの開発とかに関わりたいならJava、Windows系が好きならVisual Basicあたりが無難だと思います。

プログラミング言語も普通の言語と同じです。
種類によって得意・不得意があります。
Webシステムを作るのに向いている言語もあれば、Windows用のアプリを作るのに向いている言語もあります。
用途によって選ぶべき言語が変わってくるでしょう。

最初に勉強するプログラミング言語を選ぶときは、まず「自分が何をやりたいのか?(どんな物を作りたいのか?)」を考えるのが良いと思います。
そうすると、どのプログラミング言語を学ぶべきか決まってくるはずです。
好きこそ物の上手なれ、ですしね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「プログラミング言語」って単語が出てきたら「プログラム(の元ネタ)を書くときに使う言葉なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク