[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

文字エンコード

pointこの用語のポイント

pointコンピュータさんの使う文字とコード(0、1の組み合わせ)の対応表だよ

pointもしくは、コンピュータさんの使う文字とコード(0、1の組み合わせ)の対応表を、今まで使っていた物から別の物に変えることだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

文字エンコードとは

コンピュータさんが使う「0、1の組み合わせ(コード)と文字の対応表」のこと。
もしくは

コンピュータさんが使う「0、1の組み合わせ(コード)と文字の対応表」を別の対応表に切り替えること
です。
よく分からなければ

コンピュータさんの使う言葉の種類
と捉えても構いません。

image piyo

詳しく書くよ

文字」+「エンコード」で「文字エンコード」です。

文字エンコード

文字は「あ」とか「い」とかの文字ね。

文字エンコード2

エンコードは「データを他の形式へ変換すること」です。

文字エンコード3

コンピュータさんの世界には数字の0と1としかありません。

人間様が「あ」と入力しても、コンピュータさんは理解できないのです。

文字エンコード4

でも、コンピュータで文字を扱いたいですよね?
そこで、文字を数字として扱わせることにしました。

例えば

あ:00000001
い:00000010
う:00000011
え:00000100
お:00000101


のように書いてある対応表を、あらかじめ用意しておくのです。
コンピュータさんには、それを見て、お仕事をしてもらいます。

人間様が「あい」と入力したとしましょう。
対応表には

あ:00000001
い:00000010


と書いてあります。
この対応表を元にして、コンピュータさんは「あい」を「00000001 00000010」に変換します。

文字エンコード5

コンピュータさんは数字の0と1しか扱えませんが、これなら大丈夫ですよね。
人間様が

あい

と打った文字は、対応表によって変換され、コンピュータさんは

00000001 00000010

と認識しました。
コンピュータさんが扱うのは数字です。

その後、あれやこれやとコンピュータさんがお仕事をして

00000011 00000100

という返事をよこしました。

今度は、さっきと逆です。
対応表を元にして、数字を文字に変換します。

対応表には

う:00000011
え:00000100


と書いてあるので、

00000011 00000100



うえ

であると分かります。

コンピュータさんは、対応表に従って変換したものを画面に表示しました。
画面には文字「うえ」が表示されます。

文字エンコード6

このように文字と数字を変換することで、数字しか分からないコンピュータさんに文字を扱わせているのです。

文字エンコード7

この一連の流れにおいて、文字と数字の対応表を使っていましたよね?
この対応表が、文字エンコードです。

さて、この対応表ですが、実は一種類ではありません。
内容が違う対応表がいくつかあります。

みなさんも「UTF-8」や「Shift-JIS」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。この「UTF-8」や「Shift-JIS」が対応表の名前です。
例えば「この文字エンコードはUTF-8だね~」と言ったら「UTF-8っていう名前の対応表を使って、文字と数字の変換をしていま~す」の意味になります。「この文字エンコードはShift-JISだよ」の場合は「Shift-JISっていう名前の対応表を使って、文字と数字の変換をしていま~す」の意味です。

繰り返しになりますが、対応表は複数あります。

実はこの対応表ですが、使う対応表を途中で変更することができるのです。
さっきまでUTF-8な対応表を使っていたのを、これからはShift-JISな対応表を使うようにすることもできます。

この切り替え作業を指して「文字エンコード」や「文字のエンコード」と言う場合もあります。
「UTF-8からShift-JISに文字エンコードする」のような使い方ですね。この場合は「使う対応表をUTF-8からShift-JISに変更する」の意味になります。

「エンコード」自体には「データを他の形式へ変換すること」の意味があるので、対応表の切り替え作業を指して文字エンコードと言っても間違いではありません。
むしろ、こっちの意味が本来の文字エンコードではないかと、個人的には考えています。

どちらの意味を指すかの判断材料は、使われ方が名詞か動詞かでしょうね。
名詞で「文字エンコードはUTF-8」と言った場合は、対応表そのものを指します。
動詞で「UTF-8に文字エンコードする」と言った場合は、使用する対応表の切り替え作業を指すと判断できます。

なお、ここまでの説明がよく分からなければ、単純に「コンピュータさんの使う言葉の種類」「コンピュータさんの使う言葉の種類を変えること」と解釈しても構いません。
言葉の種類、つまり「日本語」とか「英語」みたいなものです。
あるいは、今まで日本語で話していたのを英語に切り替える作業を指します。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「文字エンコード」って単語が出てきたら「文字とコード(数字)の対応表のこと、もしくは、使用する対応表を切り替えることなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク