[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ヒアリング

pointこの用語のポイント

point相手から情報を集める作業だよ

point相手のお話を直接聞くことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ヒアリングとは

相手から直接情報を集めること
です。

image piyo

詳しく書くよ

文字通り相手のお話を聞いてくるのが「ヒアリング」です。
「要望をヒアリングする」「現状をヒアリングする」のような使い方をします。

ヒアリング

聞くことは聞くことですが、能動的に情報を集めるニュアンスがあります。
「インタビュー」に近いニュアンスですかね。

ヒアリング2

ヒアリングの目的は「必要な情報を集めること」です。
その「必要な情報」が相手が自覚していることであればただ話を聞くだけで済みますが、無自覚な場合もあります。
その場合は上手く質問して情報を引き出さなくてはいけません。
あるいは口頭ではなくメールなどで質問をすることもあります。
それらも全部ひっくるめて相手から情報を集める作業を「ヒアリング」と言いますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ヒアリング」って単語が出てきたら「聞き取り調査のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク