[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

下流工程

pointこの用語のポイント

point実際に作ることに関する作業だよ

pointシステム開発における後の方の工程だよ

point主にプログラマさんのお仕事だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

下流工程とは

主にプログラマさんがやることになるお仕事のこと。
もう少しきちんと書くと

システム開発において「実際に作ることに関する作業」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

システム開発の工程を

1.ヒアリングして~
2.設計して~
3.作って~
4.テストして~
5.完成\(--)/


と区分すると3、4の作業が「下流工程」になります。
プログラマさんの腕の見せ所ですね。。
プロジェクトの後半に行う作業です。

実は工程の区分けやどこまでを下流工程と呼ぶかは人によってまちまちです。
プログラム設計を上流工程に含めるか下流工程に含めるかは悩むところでしょう。
ただまぁ、ざっくり分けると「どんなものを作るか考える作業」が上流工程で「実際に作ることに関する作業」が下流工程ですかね。

下流工程は既に決まったことを実現する工程です。
上流工程と比較すると考えなくてはいけない範囲が限定的なので、若手や経験の浅い人は比較的この工程を任されることが多いです。
そのせいか、別に上流工程に比べて難易度が低いわけではないのですが、何故か上流工程より軽く見られる傾向があります。
なんででしょうね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「下流工程」って単語が出てきたら「実際に作る作業なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク