[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

コンパイラ型言語

pointこの用語のポイント

pointプログラミング言語だよ

point作ったプログラムは、人間語から機械語へ翻訳されてから動くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

コンパイラ型言語とは

作ったプログラムを動かすときには、プログラムの中身を最初に全部まとめて人間様が分かる言葉(人間語)からコンピュータさんが分かる言葉(機械語)へ翻訳してから動かすことになるプログラミング言語のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として、プログラムを作る一般的な流れについて簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

プログラムを作って動かすまでの一般的な流れは

1.人間語でプログラムの元ネタを書く
2.元ネタを人間語から機械語に翻訳する
3.翻訳された指示に従ってコンピュータさんがお仕事する


です。

コンパイラ型言語

コンピュータさんは人間語が分かりません。

コンパイラ型言語2

一方、人間様はコンピュータさんの言葉が分かりません。

コンパイラ型言語3

プログラムは人間様が作る物です。
そこで、最初は人間様が分かる言葉でプログラムを作ります。
コンピュータさんに対する「あれをやれ」「これもやって」な命令を人間語で書くのです。

コンパイラ型言語4

次に人間語で書いたプログラムの元ネタをコンピュータさんが分かる言葉に翻訳します。
実際に仕事をするのはコンピュータさんです。
コンピュータさんが命令の内容を理解してくれないと話になりませんからね。

コンパイラ型言語5

コンピュータさんが分かる言葉に翻訳したので、これでコンピュータさんは命令の内容を理解できます。
指示に従って、お仕事をしてくれるでしょう。

コンパイラ型言語6

かなり簡略化した説明ですが、これがプログラムを作る際の流れです。

以上を踏まえて、作ったプログラムを動かすときには最初に全部まとめて翻訳してから実行するように作られているプログラミング言語が「コンパイラ型言語」です。

例えば、人間様の書いたプログラム

ご飯食べろ~
歯を磨け~
早く寝ろ~


だとしましょう。
それに対応するコンピュータさんの言葉が

ゴハンタベーロ
ハヲミガケー
ハヤクネロー


だったとします。
このとき、コンパイラ型言語で作ったプログラムは

ご飯食べろ~
歯を磨け~
早く寝ろ~
↓(翻訳)
ゴハンタベーロ
ハヲミガケー
ハヤクネロー

コンピュータさん、ご飯を食べる
コンピュータさん、歯を磨く
コンピュータさん、早く寝ろ


のように、最初に全部まとめて翻訳してから実行されます。

コンパイラ型言語7

「コンパイラ型言語」という表現は「インタプリタ型言語」と対比されるときに、よく登場します。

インタプリタ型言語は「人間語から機械語へ翻訳しながら実行する方式のプログラミング言語」です。
インタプリタ型言語で作ったプログラムは「ちょっと翻訳してちょっと実行、ちょっと翻訳してちょっと実行」で動きます。

コンパイラ型言語8

例えば、人間様の書いたプログラム

ご飯食べろ~
歯を磨け~
早く寝ろ~


だとしましょう。
それに対応するコンピュータさんの言葉が

ゴハンタベーロ
ハヲミガケー
ハヤクネロー


だったとします。
インタプリタ型言語で作ったプログラムは

ご飯食べろ~
↓(翻訳)
ゴハンタベーロ

コンピュータさん、ご飯を食べる


歯を磨け~
↓(翻訳)
ハヲミガケー

コンピュータさん、歯を磨く


早く寝ろ~
↓(翻訳)
ハヤクネロー

コンピュータさん、早く寝ろ


のように、少しずつ翻訳→実行されます。

せっかくなので併せて覚えてあげてください。

コンパイラ型言語:全部まとめて翻訳してから実行
インタプリタ型言語:ちょっと翻訳して、ちょっと実行(を繰り返す)


になるプログラミング言語です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「コンパイラ型言語」って単語が出てきたら「『最初に全部まとめて翻訳してから実行』になるプログラミング言語なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク