[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ウォーターフォール型

pointこの用語のポイント

pointシステム開発のやり方だよ

pointきちんと計画を立てて、その計画に沿って進めるよ

point基本的に工程の後戻りはしないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ウォーターフォール型とは

「きちんと段階を踏んで作りましょう方式」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

アジャイル」と比較する際によく出てくる言葉です。
「アジャイル」は「作りながら考えましょう方式」のことね。

アジャイルとは対照的に

1.きっちりヒアリングして~
2.きっちり設計して~
3.きっちり作って~
4.きっちりテストして~
5.完成\(--)/


ってな流れで、工程毎にきっちり終わらせて基本的には工程の後戻りをしない(実際にはよくあるけど)やり方が「ウォーターフォール型」です。

ある意味「理想論に基づいた開発手法」と言えると思います。
その理想を実現するために様々な工夫が必要な開発手法です。

メリットは工程の段階が分かりやすいこと。
工程毎に後戻りをしないので、今はどの工程だからどれくらい進んでいてあとどれくらいで終わるってのが予測しやすいのです。
言い換えれば「管理しやすい」ってことですね。
そのため昔からよく使われている一般的な開発スタイルです。

一方デメリットは要求される能力水準が高いことですかね。
各工程毎に高品質を維持しないとデスマーチ一直線です。
極端な話で言えば、テストするまではその設計が正しいかは分かりません。
テストした結果で根本的な設計がおかしいと結論だった場合、涙目になることになります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ウォーターフォール型」って単語が出てきたら「計画を立てて、その計画に沿って進め、基本的に後戻りはしない開発方式なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク