[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

システムエンジニア (SE)

pointこの用語のポイント

pointIT業界で働く人だよ

point主なお仕事はシステムを設計することだよ

pointどこからどこまでがお仕事範囲に入るかは曖昧だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

システムエンジニア (SE)とは

システムを設計する人のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

システムを設計する人がシステムエンジニアです。
名目上はね(-。-)ぼそっ

システム開発のお仕事は一般的に

1.お客さまから欲しいものを聞いて
2.どんな物があればそれが出来るか考えて
3.どうやってそれを作るかざっくり決めて
4.どうやってそれを作るかを細かく考えて
5.作って
6.テストする


ってな流れです。

この際の数字の小さい方の工程、1~3あたりを担当すると「システムエンジニア」と呼ばれます。
作る物の方向性を決める作業ですね。

システムエンジニアは結構長ったらしい称号なので「SE(えすいー)」と省略して呼ばれることが多いです。

システム開発の世界では大抵の場合、業界に入るとまずプログラマになります。
その後経験を積むとシステムエンジニアと呼ばれる職種になって、更にお年を召すとマネージャと呼ばれる職種?になることが多いです。
経験ってどれくらい?と思う人がいるかもしれませんね。
適当です。
プログラマ未経験でシステムエンジニアを名乗る人もいますしね。
特に資格がある訳でも無いので、自称・他称で職種が決まるイメージです。
極端な話、名刺に「システムエンジニア」って書いてあればシステムエンジニアだと考えても良いと思います。

システムエンジニアさんは日本ではプログラマさんの上位職と見られがちです。
そのためプログラマさんの中で優秀な人がシステムエンジニアになると考えている人もいますが勘違いです。
システムエンジニアさんがアホみたいな設計したのを優秀なプログラマさんが何とかフォローする、といったことも往々にしてあります。
本質的には、あくまでお仕事内容で分類します。

とは言え、物事は早々予定通りには進みませんからね。
人手が足りなくてシステムエンジニアさんがプログラムも作る羽目になることがよくあります。
また、ある程度の知識が無いと設計した内容を実現できるか判断できません。
そのため現実的にはプログラムが組めないとシステムエンジニアさんのお仕事をやるのは難しかったりします。

ここら辺の事情(システムエンジニアはプログラムを組める人が多い)からシステムエンジニアはプログラマの上位互換だと思う人が多いのかもしれませんね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「システムエンジニア」って単語が出てきたら「メインのお仕事は設計だけど場合によってはプログラマも兼任する人なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク