[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

PPA広告

pointこの用語のポイント

pointWeb広告だよ

point成果報酬型だよ

point商品を買ってくれたりしたら料金が発生するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

PPA広告とは

Web広告の種類のひとつ
であり

広告主が設定した「広告を見てくれた人がこんな行動をしてくれたらお金を払うね」な条件が満たされたときに料金が発生する形態のWeb広告
です。
もう少し、さっくり書くと

成果報酬型のWeb広告
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「Web広告」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

Web広告は、大雑把に説明すると「インターネットを使っていて目にする広告」です。
ホームページメールWebアプリなどにくっついている広告です。

PPA広告

2017年現在では、広告部分が文字リンク画像のリンクになっていて、押すと商品の紹介ページに移動するタイプの広告がWeb広告の主流です。

PPA広告2

以上を踏まえて、広告を見た人が「広告主が指定した行動」をしたときに料金が発生するWeb広告が「PPA広告」です。
「PPA」は「Pay Per Action(ペイ・パー・アクション)」の省略です。
Action(アクション)に対して、お金がPayされる(支払われる)ことを意味します。

「広告主が指定した行動」と言われると分かりにくいかもしれませんが

・商品を買ってくれたとき
・お試しで使ってくれたとき
・名前とか住所とかを登録してくれたとき


などです。
例えば「商品を買ってくれたら、お金を払うね」となっている広告であれば、広告を見た人が商品を買った時点で広告費が発生します。

PPA広告3

言い方を変えると、成果報酬型のWeb広告ですね。
成果に対して報酬が支払われるWeb広告です。
何をもって「成果」と見なされるかは、広告主の意向によります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「PPA広告」って単語が出てきたら「成果報酬型のWeb広告なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク