[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

PPC広告

pointこの用語のポイント

pointWeb広告だよ

point広告がクリックされると料金が発生するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

PPC広告とは

Web広告の種類のひとつ
であり

広告がポチっとクリックされるごとに料金が発生する形態のWeb広告
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「Web広告」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

Web広告は、大雑把に説明すると「インターネットを使っていて目にする広告」です。
ホームページメールWebアプリなどにくっついている広告です。

PPC広告

2017年現在では、広告部分が文字リンク画像のリンクになっていて、押すと商品の紹介ページに移動するタイプの広告がWeb広告の主流です。

PPC広告2

以上を踏まえて、広告のクリックに対して料金が発生するWeb広告が「PPC広告」です。
「PPC」は「Pay Per Click(ペイ・パー・クリック)」の省略です。
Click(クリック)に対して、お金がPayされる(支払われる)ことを意味します。

PPC広告3

PPC広告の料金は、一般的に

クリック単価 × クリック数

で決まります。
例えば、クリック単価が50円の広告が100回クリックされた際の料金は

50円 × 100回 = 5,000円

です。

クリック単価は「CPC」とも表現されます。
Cost Per Click(コスト・パー・クリック)」の略で「CPC」です。
「(広告を1回)クリックするごとに発生するコスト」を意味します。

そのせいか、クリックに対して料金が発生するWeb広告を「CPC広告」と表現する場合もあります。

「PPC広告」と「CPC広告」です。
まぎらわしいですね。
一体、何が違うのでしょう?

……。

多分、何も違いません。
「PPC広告」と「CPC広告」は同じものだと思ってOKです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「PPC広告」って単語が出てきたら「広告がクリックされると料金が発生するWeb広告なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク