[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

キー【DB】 (key【DB】)

pointこの用語のポイント

pointデータベース関連で出てくるよ

pointデータを特定する上でのカギになりそうな項目だよ

point同音異義語が、いっぱいあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

キー【DB】 (key【DB】)とは

データベース(DB)上で、なんかのカギになりそうな項目のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「データベースDB)」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

データベースは「データを入れておく箱」です。
突っ込んで考えると混乱するかもしれません。
何となくのフィーリングで理解してください。

キー

DBは「データベース」の省略表現です。
ドラ○ンボールでは、ありません。

キー2

以上を踏まえて、データベースにおいて、なんか鍵になりそうな項目が「キー」です。
DB関連では「キー」という単語が頻繁に登場します。

ただし、単独で「キー」が登場する機会は多くありません。
基本的には「○○キー」という形で登場します。

例えば

主キー
外部キー
サロゲートキー
ナチュラルキー


などですね。
それぞれの用語の意味は、それぞれの用語の説明を、ご覧ください。
役割的には全部レコード(データ行)を特定する上での鍵になる項目です。

もし単独で「キー」と出てきた場合は「○○キー」か「キー○○」の○○部分が省略されているはずです。
「主キー」か「キー項目」を意図している場合が多いとは思いますけどね。
絶対ではありません。
前後の文脈で判断できない場合は「キー」と言った人に直接○○の部分を確認してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「キー」って単語が出てきたら「データベースの項目で、なんか注目すべきやつなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク