[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ファイル共有

pointこの用語のポイント

pointファイルやフォルダを共有することだよ

point他のコンピュータから使えるようにするよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ファイル共有とは

ファイルやフォルダに対して「一緒に使おうね~」な設定をすること。
つまり

ファイルやフォルダを他のコンピュータからも使えるようにすること
です。

image piyo

詳しく書くよ

ファイルフォルダ共有するのが「ファイル共有」です。

ファイルは、コンピュータの世界における「書類」ね。

ファイル共有

フォルダは、コンピュータの世界における「書類入れ」です。

ファイル共有2

共有は、ここでは「一緒に使おうね~」の意味になります。

ファイル共有3

つまり、ファイルやフォルダを他のコンピュータからも使えるようにするのが「ファイル共有」です。

ファイル共有4

ちなみに「フォルダ共有」とは、あまり言いません。
共有する対象がフォルダの場合も「ファイル共有」と表現することが多いように感じます。
あるいは「フォルダを共有する」や「共有フォルダを作る」ですね。

ファイル共有を行うと、共有したファイルやフォルダを、他のコンピュータから見ることができるようになります。
そのため、例えば「○○名簿」のように複数人で共有する資産を管理する際に重宝します。

その一方で、セキュリティ面はちょっとドキドキです。
気を付けないと「内緒のファイルを勝手に見られてえらいこっちゃ\(--;)/」になるかもしれません。
アクセス権を適切に設定するなど、配慮が必要です。

ちなみに、ファイル共有と似たような用語で「共有ファイル」という用語があります。
単語の前後が逆になっただけですが、意味は少し違います。

ファイル共有は「ファイルを共有すること」です。
動作を指す用語です。

ファイル共有5

それに対して、共有ファイルは「共有したファイル」です。
こちらはファイルそのものを指します。

ファイル共有6

何となく分かるとは思いますが、一応、意識して区別してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ファイル共有」って単語が出てきたら「ファイルやフォルダを他のコンピュータから使えるようにすることなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク