[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

HTTPリクエストヘッダ

pointこの用語のポイント

pointHTTPリクエストを構成する部品だよ

point3つの部品のうち真ん中の部品だよ

point「お願いごとやお願い元に関するあれこれ」が書かれているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

HTTPリクエストヘッダとは

HTTPリクエストを構成する部品のひとつ
であり

ホームページを見るソフト(Webブラウザ)からホームページのファイルが置いてあるコンピュータ(Webサーバ)に伝えたい「お願いごとやお願い元に関するあれこれ」が書かれている場所
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

ホームページが表示される流れ
HTTP
HTTPリクエスト


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

あなたがホームページを見ようとすると、まず、ホームページを見るときに使うソフトWebブラウザ)からホームページのファイルが置いてあるコンピュータ(Webサーバ)に対して「このページをおくれ」なお願いが出されます。

HTTPリクエストヘッダ

そのお願いに対して、WebサーバさんからWebブラウザさんに「ほれ、そのページだよ」とお返事がきます。

HTTPリクエストヘッダ2

お返事を受け取ったWebブラウザさんは、受け取った内容(ホームページのファイル)を画面上に表示してくれます。

HTTPリクエストヘッダ3

これが、ホームページが表示されるときの流れです。

この流れにおいて、WebブラウザさんとWebサーバさんは、やり取りをしました。
このやり取りで使われるお約束事を「HTTP」と言います。
HTTPは「ホームページのファイルとかを受け渡しするときに使うお約束事」です。

HTTPリクエストヘッダ4

WebブラウザさんからWebサーバさんに出される「このページをおくれ」なお願いは「HTTPリクエスト」と言います。

HTTPリクエストヘッダ5

リクエストは「これをやってよー!」なお願いです。
カッコ付けて「要求」などと表現されることもあります。

WebブラウザさんからWebサーバさんに出される「このページをおくれ」なお願いはリクエストです。

ただし、単に「リクエスト」と表現すると、何のリクエストなのかが、はっきりしません。
通信したいです」も「今日の晩御飯はトンカツが食べたいな~」も「あの曲を流してくださ~い」もリクエストと呼べますからね。

そこで頭に「HTTP」を付けて「HTTPリクエスト」と表現するのです。
そうすれば

HTTPのリクエストなのね
 ↓
HTTPってことはホームページ関連ですか
 ↓
ホームページの話で出てくるリクエストのことね


と分かります。

以上を踏まえて、本題に入ります。

HTTPリクエストは3つの部品から成り立っています。

答えを先に書いてしまいますが

1.HTTPリクエストライン(リクエストライン)
2.HTTPリクエストヘッダ(ヘッダ)
3.HTTPリクエストメッセージボディ(メッセージボディ)


の3つです。
構造としては

「リクエストライン」
「ヘッダ」
空行CRLF】)
「メッセージボディ」


のようになっています。

HTTPリクエストヘッダ6

「HTTPリクエストヘッダ」とバッチリ書いてありましたね。

はい、そうです。
HTTPリクエストを構成する3つの部品の1つが「HTTPリクエストヘッダ」です。
長ったらしいので「リクエストヘッダ」や「ヘッダ」と表現されることもあります。

HTTPリクエストヘッダ7

HTTPリクエストヘッダに入るのは、WebブラウザさんからWebサーバさんに伝えたい情報です。
主に、お願いごとやお願い元に関するあれやこれやの情報が書きこまれます。

実際のHTTPリクエストは、例えば以下のような内容になっています。

POST /search.html HTTP/1.1\r\n
Host: wa3.i-3-i.info\r\n
Connection: keep-alive\r\n
Content-Length: 38\r\n
Cache-Control: max-age=0\r\n
Origin: http://wa3.i-3-i.info\r\n
Upgrade-Insecure-Requests: 1\r\n
User-Agent: うんちゃら\r\n
Content-Type: application/x-www-form-urlencoded\r\n
Accept: text/html,application/xhtml+xml,application/xml;q=0.9,image/webp,image/apng,*/*;q=0.8\r\n
Referer: http://wa3.i-3-i.info/index.html\r\n
Accept-Encoding: gzip, deflate\r\n
Accept-Language: ja,en-US;q=0.8,en;q=0.6\r\n

\r\n
q=test&submitSearch=%E6%A4%9C%E7%B4%A2


ごちゃごちゃしていて分かりにくいですが、2行目から空行(\r\nだけの行)までの

Host: wa3.i-3-i.info\r\n
Connection: keep-alive\r\n
Content-Length: 38\r\n
Cache-Control: max-age=0\r\n
Origin: http://wa3.i-3-i.info\r\n
Upgrade-Insecure-Requests: 1\r\n
User-Agent: うんちゃら\r\n
Content-Type: application/x-www-form-urlencoded\r\n
Accept: text/html,application/xhtml+xml,application/xml;q=0.9,image/webp,image/apng,*/*;q=0.8\r\n
Referer: http://wa3.i-3-i.info/index.html\r\n
Accept-Encoding: gzip, deflate\r\n
Accept-Language: ja,en-US;q=0.8,en;q=0.6\r\n


がHTTPリクエストヘッダです。

HTTPリクエストヘッダの書式は

【フィールド名】:【内容】

です。
この書式で必要な数だけ縦にズラズラっと並びます。

【フィールド名】に書かれるのは「User-Agent」などですね。
【内容】には、それらの項目に対する実際の値が入ります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「HTTPリクエストヘッダ」って単語が出てきたら「HTTPリクエストの部品で『お願いごとやお願い元に関するあれこれ』が書かれている場所なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク