[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

オレオレ証明書

pointこの用語のポイント

point電子証明書だよ

point身元の不確かな機関(自分含む)が発行した証明書だよ

pointぶっちゃけ信用はあってなきが如しだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

オレオレ証明書とは

コンピュータの世界における「胡散臭い機関が発行した身元証明書」
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「電子証明書」と「認証局」について説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

電子証明書は、コンピュータの世界における「どこかの誰かが発行した身元証明書」です。
保証人制度とか印鑑証明みたいなイメージですかね。
どこかの誰かに「こいつは大丈夫。俺が身元を保証すっから」と発行してもらった証明書です。

オレオレ証明書

身元を保証してくれるのは、どこかの誰かです。
身元を保証してくれる立場の人は「認証局」と呼ばれます。

オレオレ証明書2

例えば、そうですね。

ピヨ太君が一人暮らしをするために部屋を借りることにしました。
ピヨ太君は、不動産屋さんに向かいます。

オレオレ証明書3

ピヨ太君はパッと見で貧乏そうに見えます。
「う~ん、こんな、どこの馬の骨とも分からんやつには部屋を貸したくないなぁ。家賃を滞納するかもしれないし」と判断されたのでしょう。
問答無用で追い返されてしまいました。

オレオレ証明書4

ピヨ太君は涙目です。
ピヨ太ママに相談しました。

オレオレ証明書5

ふむふむ、なるほど。
話を聞いたピヨ太ママは、ピヨ太君に「ピヨ太は、身元がしっかりしているナイスガイよ!このピヨ太ママが保証するわ!」な紹介状を渡しました。

オレオレ証明書6

ピヨ太君は紹介状を持って、再び不動産屋さんに行きます。

オレオレ証明書7

紹介状を持っていたお陰で、不動産屋さんは「ふむ、ピヨ太ママさんが保証してくれるなら安心かな。話くらいは聞いてあげよう」と思いました。
結果として、ピヨ太君は追い返されませんでした。

オレオレ証明書8

ピヨ太君、良かったですね。

この話における紹介状が電子証明書です。
紹介状を発行したピヨ太ママが認証局に相当します。

オレオレ証明書9

以上を踏まえて、身元の不確かな認証局が発行した電子証明書が「オレオレ証明書」です。
一応の保証はされているけど保証元が怪しいから結局何の保証にもならないだろうな~な電子証明書を指します。

オレオレ証明書10

電子証明書は、その気になれば自分自身で発行することもできます。
悪い人が悪い人自身で身元を保証できるのです。

オレオレ証明書11

これでは、何の意味もありませんよね。
このような「う~ん、確かに身元を保証されているけど、そもそも保証してくれているこいつは誰なんだい?」な電子証明書がオレオレ証明書です。

きっと「オレオレ詐欺」と掛けているのでしょう。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「オレオレ証明書」って単語が出てきたら「胡散臭い機関が発行した身元証明書なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク