[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

認証局 (CA)

pointこの用語のポイント

pointコンピュータの世界における身元保証協会だよ

point電子証明書を発行してるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

認証局 (CA)とは

電子証明書を発行したりなんだりするのが仕事の、コンピュータの世界における身元保証協会のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「電子証明書」について説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

電子証明書は、コンピュータの世界における「どこかの誰かが発行した身元証明書」です。
保証人制度とか印鑑証明みたいなイメージですかね。
どこかの誰かに「こいつは大丈夫。俺が身元を保証すっから」と発行してもらった証明書です。

認証局

それを踏まえて、電子証明書を発行してくれる「どこかの誰か」が「認証局」です。
Certificate Authority(サーティフィケート・オーソリティ)」や「Certification Authority(サーティフィケーション・オーソリティ)」を省略して「CA」と表現される場合もあります。

認証局2

例えば、そうですね。

ピヨ太君が一人暮らしをするために部屋を借りることにしました。
ピヨ太君は、不動産屋さんに向かいます。

認証局3

ピヨ太君はパッと見で貧乏そうに見えます。
「う~ん、こんな、どこの馬の骨とも分からんやつには部屋を貸したくないなぁ。家賃を滞納するかもしれないし」と判断されたのでしょう。
問答無用で追い返されてしまいました。

認証局4

ピヨ太君は涙目です。
ピヨ太ママに相談しました。

認証局5

ふむふむ、なるほど。
話を聞いたピヨ太ママは、ピヨ太君に「ピヨ太は、身元がしっかりしているナイスガイよ!このピヨ太ママが保証するわ!」な紹介状を渡しました。

認証局6

ピヨ太君は紹介状を持って、再び不動産屋さんに行きます。

認証局7

紹介状を持っていたお陰で、不動産屋さんは「ふむ、ピヨ太ママさんが保証してくれるなら安心かな。話くらいは聞いてあげよう」と思いました。
結果として、ピヨ太君は追い返されませんでした。

認証局8

ピヨ太君、良かったですね。

この話における紹介状が電子証明書です。
紹介状を発行したピヨ太ママが認証局に相当します。

認証局9

認証局の仕事は、電子証明書に関するあれやこれやです。
電子証明書を発行したり、失効させたり、その他もろもろの管理を行っています。

ところで、ピヨ太ママの身元は誰が保証するのでしょうね。

認証局は他の人の身元を保証する機関です。
自分自身も清廉潔白でなくてはいけません。
それでは、認証局自身の身元は、どうやって保証するのでしょうか。

そこで出てくる単語が「ルート認証局」と「中間認証局」です。

ルート認証局は、厳しい審査やあれやこれやの苦難を乗り越えることで、認証局自身が「自分は良い人ですよ~」と自己主張してOKな認証局です。
厳しい審査や世間の目にさらされることによって身元を保証されます。

認証局10

中間認証局は、他の認証局に身元保証をしてもらう認証局です。
他の認証局に保証してもらうことで身元が保証されます。

認証局11

このようにして認証局自身の身元を証明しています。

イメージは

ルート認証局:社長さん認証局
中間認証局:社員さん認証局


ですかね。

社長さんが優秀かどうかは世間が決めます。
売上がっぽがぽで儲かりまくり、会社の評価も上々なら、誰に何を言われなくても、社長さん自身が「俺は優秀だ!」と言えるでしょう。
世間からの評価によって、優秀だと証明されます。

一方、社員さんが優秀かどうかは社長さんをはじめとした上司連中が判断します。
評価する立場にある人が「こいつは優秀だ!」と判断することで、社員さん自身が優秀だと証明されます。

それと似たようなイメージです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「認証局」って単語が出てきたら「コンピュータの世界における身元保証協会なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク