[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

メモリ (memory)

pointこの用語のポイント

pointパソコンさんの作業机だよ

point記憶装置だよ

pointCPUさんが直接読み書きできるよ

point数字が大きいほど、いろんなソフトを一度に動かしても遅くなりにくいよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

メモリ (memory)とは

パソコンさんが作業するときに使う机。
もう少し具体的に書くと

仕事中の内容を記憶させておくパソコンさんの部品
であり

CPUさんが直接読み書きできる記憶装置のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページに書かれている内容は、いわゆる「メインメモリ」と呼ばれる物の説明です。USBメモリ共有メモリフラッシュメモリ、などなどなど、世の中には「メモリ」と付く用語が、いろいろあります。それらの「○○メモリ」については、それぞれの用語の説明をご覧ください。

パソコンさんの部品の説明をするときには

メモリ=作業する机
CPU=人間の脳みそ
ハードディスク=収納BOX


と、よく例えられます。

それを踏まえて、読み進めてください。

ある日のことです。
ピヨ太君がパソコンさんに「おい、この算数の宿題をやっとけ!」と命令しました。

メモリ

パソコンさんは「電子計算機」と呼ばれるくらいなので、計算が得意です。
ピヨ太君は自分がやるより正確だと考えたのでしょう。

ピヨ太君に命令されたパソコンさんは、算数の問題集を机の上に広げました。
そして、脳みそからプスプス煙を出しながら、頑張って問題を解きます。

メモリ2

おっと、どうやら宿題が終わったようです。
パソコンさんは「終わりました!」とピヨ太君に報告しました。

メモリ3

報告を受けたピヨ太君は「次に使うときまで、しまっておいてよ」と、パソコンさんに言いました。

メモリ4

それを受けて、パソコンさんは、手元にあった収納BOXに問題集を放り込みます。

メモリ5

この話において、パソコンさんは、問題集を机の上に広げて解きました。
この机に相当するパソコンさんの部品が「メモリ」です。

メモリ6

ちなみに、パソコンさんの脳みそがCPUで、収納BOXがハードディスクね。

メモリ7

メモリの見た目は緑色の長方形に黒い四角が何個かくっついた板です。
他の形もあるかもしれませんが、私は見たことがありません。

メモリ8

よく「メモリを増やすとパソコンが速くなる」と言われますが、実際には「遅くなりにくい」と言った方が正確です。

例えば、教科書とノートと参考書を広げてやるお仕事があったとしましょう。

メモリ9

机が大きければ、全部広げられます。
快適にお仕事ができるはずです。

メモリ10

机が狭かったら、全部は広げられません。
教科書とノートを広げている状況で参考書を広げたくなったら、教科書かノートを一旦、片付ける必要があります。

メモリ11

机が広ければ、本来のお仕事に集中できますよね。
机が狭ければ、使っていないものを片付けたり、使うものを広げたりする手間が増えます。

この手間の差が、処理速度の差につながります。

というのが、メモリの大雑把な説明です。

次に、もう少しだけ具体的な説明をします。
何となく満足した人は、ここで読むのを止めても大丈夫です。
興味がある人は、引き続き、読んでやってください。

メモリの仕事は

CPUとその他の記憶装置の仲立ち

です。

コンピュータさんがお仕事をするとき、ハードディスクCDに保管してあるデータをメモリに渡します。

メモリ12

そして、メモリがCPUとやり取りすることによって、CPUに必要なデータが渡ります。

メモリ13

わざわざ、このような手順を踏むのは、ハードディスクとかCDが鈍くさいからです。

CPUは動きが速いので「あれ、くれ」「これ、くれ」とサクサク指示を出します。

メモリ14

ハードディスクとかCDは鈍くさいので、その指示についていけないのですね。
その結果、CPUはハードディスクとかCDがデータを用意するのを待つことになります。
CPUはイライラしそうですね。

メモリ15

それに対して、メモリは素早いです。
CPUの指示についていけます。

メモリ16

そこで、CPUがお仕事を始める前に、ハードディスクやCDの中身をメモリが預かっておくのです。
そして、CPUとのやり取りはメモリがやります。

メモリ17

これで、CPUはストレスを感じることなく、ハードディスクやCDの中身を使えます。
あらかじめハードディスクやCDの中身を受け取ったメモリが、CPUの欲しい物をサクサク渡してくれるからです。

メモリ18

このように、CPUとその他の記憶装置の仲立ちをするのが、メモリのお仕事です。

なお、メモリは「主記憶装置」や「一次記憶装置」などとも呼ばれます。
気が向いたら、覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「メモリ」って単語が出てきたら「コンピュータの作業机なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク