[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

サブドメイン (subdomain)

pointこの用語のポイント

pointドメイン名の一番右側の部分以外の要素だよ

pointドメインをもっと細かく分けたドメイン名だよ

point「http://wa3.i-3-i.info」の「wa3」の部分とかだよ

point独自ドメインの左側に適当な単語とピリオドをくっつけたドメイン名だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

サブドメイン (subdomain)とは

「wa3.i-3-i.info」における「wa3」や「i-3-i」のように、ドメイン名を構成する要素のうち、トップレベルドメイン(一番右側の「info」の部分)以外の要素のこと。
もう少し教科書的な説明をすると

ドメイン(領域)をもっと細かく分けたドメイン名のこと
です。
あるいは

独自ドメイン「i-3-i.info」を取得した後に自分で勝手に作れる「wa3.i-3-i.info」のように、独自ドメインの左側に適当な単語(とピリオド「.」)をくっつけたドメイン名のこと
を意図している場合もあります。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「ドメイン名」のあれやこれやについて説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

ドメイン名は「IPアドレスに付けた人間様向けの名前」です。

サブドメイン

ドメイン名は「.(ピリオド)」で区切られていて、右に行くほど大きな括りになります。

例えば

wa3.i-3-i.info

というドメイン名があったとしましょう。

これは

「info」にある「i-3-i」にある「wa3」

を意味します。

「info」県「i-3-i」市「wa3」地区

と同じイメージです。

ドメインを「.(ピリオド)」で区切った際の県に相当する部分、一番右の「info」の部分を「トップレベルドメイン」と言います。

サブドメイン2

ドップレベルドメインの隣は「第2レベルドメイン」です。
第2レベルドメインの隣は「第3レベルドメイン」と呼びます。
以下、左に行くほど数字が増えます。

サブドメイン3

以上を踏まえて、ドメイン名におけるトップレベルドメイン(一番右の部分)以外の要素が「サブドメイン」です。

サブドメイン4

ただし、サブドメインというのは相対的なものです。

例えば「wa3.i-3-i.info」における「info」はトップレベルドメインです。
トップレベルドメインはサブドメインでは、ありません。

サブドメイン5

「wa3.i-3-i.info」における「i-3-i」は第2レベルドメインです。
第2レベルドメインはサブドメインです。

「i-3-i」は「info」のサブドメインである

と言えます。

サブドメイン6

疑問を感じたかもしれませんが、取りあえず保留しておいてください。
次にいきましょう。

「wa3.i-3-i.info」における「wa3」は第3レベルドメインです。
第3レベルドメインはサブドメインです。

「wa3」は「i-3-i」(もしくは「i-3-i.info」)のサブドメインである

と言えます。

サブドメイン7

「i-3-i」も「wa3」もサブドメインです。
ただし「どの要素の」サブドメインかが違います。
相対的なものだと理解してください。

ドメイン名を「.(ピリオド)」で区切った要素は、基本的にはすべて、右側の要素のサブドメインです。

サブドメイン8

ただし、トップレベルドメインには右側の要素がありません。
そもそも、一番右側の要素を指す用語がトップレベルドメインだからです。

サブドメイン9

よって

トップレベルドメイン以外は、すべて(自分の右側の要素に対する)サブドメインである

と言えます。

サブドメイン10

以上がサブドメインの説明ですが、ここまでの説明がよく分からない人は

「info」県「i-3-i」市「wa3」地区

のイメージに戻ってください。

一番大きなくくりは「県」です。

サブドメイン11

「県」を区切ったものが「市」です。

サブドメイン12

「市」を区切ったものが「地区」になります。

サブドメイン13

「県」以外は

自分より大きな領域を区切ったもの

ですよね。

考え方は同じです。

ドメイン名において、一番大きなくくりはトップレベルドメインです。
「wa3.i-3-i.info」の「info」の部分です。

サブドメイン14

トップレベルドメインを区切ったものが第2レベルドメインです。
「wa3.i-3-i.info」の「i-3-i」の部分です。

サブドメイン15

第2レベルドメインを区切ったものが第3レベルドメインです。
「wa3.i-3-i.info」の「wa3」の部分です。

サブドメイン16

トップレベルドメイン以外は

自分より大きな領域を区切ったもの

ですよね。

ドメイン名における

自分より大きな領域を区切ったもの

がサブドメインです。

なお「領域」は専門用語で「ドメイン」と言ったりします。
よって

ドメイン(領域)をもっと細かく分けたドメイン名がサブドメイン

とも言えます。

これがサブドメインの「本来の」意味です。

実はですね。

ホームページレンタルサーバ関連の話で「サブドメイン」と出てきた場合は、今の説明とは違う意味で使われていることが多いです。

順番に説明します。

まず原則として、1つのドメイン名を使えるのは1人です。
例えば、ピヨ太君が「i-3-i.info」を使い、赤の他人のピヨ子さんも「i-3-i.info」を使う、といったことはできません。

サブドメイン17

そこで、全世界で通用するドメイン名を使うときは、お金を払って、使う権利を買います。
「このドメイン名を使う権利は、お金を払った僕にあるよ!他の人は使うなよ!」です。
私もお金を払って、ドメイン名「i-3-i.info」を使う権利を買っています。

サブドメイン18

この「お金を払って使う権利を得る必要があるドメイン名」を、ホームページの世界では「独自ドメイン」と呼んでいます。
独自で使えるドメイン名だからですかね。

私が使う権利を確保している独自ドメインは「i-3-i.info」です。
これは

「info」にある「i-3-i」

を意味します。

「info」県「i-3-i」市

と同じイメージです。

つまり、私は「info」県「i-3-i」市の支配権を持っているわけです。
この範囲内に限り、自由に使えます。
好き勝手に独自の地区を作っても、誰からも怒られません。

そこで私は「info」県「i-3-i」市の中に「wa3」地区を作りました。

「info」県「i-3-i」市「wa3」地区

です。

ここで話をドメイン名に戻しましょう。

私は

「info」にある「i-3-i」

の支配権を持っています。
この範囲内に限り、自由に使えます。
好き勝手に領域を区切っても、誰からも怒られません。

そこで私は「info」にある「i-3-i」の中に「wa3」領域を作りました。

「info」にある「i-3-i」にある「wa3」

です。

ついでなので、もう少しドメイン名っぽい表現にしてみましょうか。

私は

i-3-i.info

の支配権を持っています。
この範囲内に限り、自由に使えます。
好き勝手に領域を区切っても、誰からも怒られません。

そこで私は「i-3-i.info」の中に「wa3」領域を作りました。

wa3.i-3-i.info

です。

これがホームページ関連で出てくるサブドメインです。
独自ドメイン「i-3-i.info」を区切って作った「wa3.i-3-i.info」もしくは「wa3」を指して、サブドメインと呼びます。

サブドメイン19

以上がホームページやレンタルサーバ関連で登場するサブドメインの説明ですが、ここまでの説明がよく分からない人は

独自ドメインの左側に適当な単語とピリオド「.」をくっつけたドメイン名

がサブドメインだと解釈しても構いません。

サブドメイン20

専門家が聞いたら怒り出しそうな説明ですが、間違ってはいないはずです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「サブドメイン」って単語が出てきたら「ドメインをもっと細かく分けたドメイン名なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク