[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

L7スイッチ

pointこの用語のポイント

pointネットワーク機器だよ

pointデータの行き先を振り分けてくれるよ

pointアプリケーション層レベルの情報を見て行き先を判断するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

L7スイッチとは

OSI参照モデルにおけるレイヤ7(アプリケーション層)に分類される情報を見て行き先を振り分けてくれるスイッチのこと。
もう少し噛み砕いて書くと

「どのプログラムが使うの?」を見て交通整理をしてくれる「ネットワークにおける交通整理員さん」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

L7」+「スイッチ」で「L7スイッチ」です。

L7スイッチ

L7は「レイヤ7」の省略表現で、OSI参照モデルにおけるアプリケーション層を指します。

OSI参照モデルは「通信機能のイメージモデル」です。
ネットワークを7つの階層に分けて定義しています。

L7スイッチ2

その7つの階層の第7層にあたるのがアプリケーション層です。
アプリケーション層では、実際にアプリケーションソフト)とやり取りする部分に関するルールが定められています。

L7スイッチ3

OSI参照モデルは、イメージしにくいといえばイメージしにくい概念です。
ただし、ネットワーク関係の基本なのは間違いありません。
よく分からない人は、頑張って勉強してください。

スイッチは「ネットワークにおける交通整理員さん」です。
ネットワークを流れるデータを見て「おまえは、あっちに行けー」「君は、こっちに行ってね」と行き先を振り分けるのが、お仕事です。

L7スイッチ4

以上を踏まえて「OSI参照モデルにおけるアプリケーション層に分類される情報を元にしてネットワーク上で交通整理をしてくれる機器」が「L7スイッチ」です。

L7スイッチのお仕事は、ネットワークを流れるデータのアプリケーション層の情報を見て、それを判断材料として「おまえは、あっちに行けー」「君は、こっちに行ってね」と行き先を振り分けることです。

L7スイッチ5

なお、ここで登場する「アプリケーション層の情報」は、通信プロトコル(通信するときに使うお約束事)です。
通信プロトコル(とトランスポート層までの情報)を見て「はい、HTTPな人はこっちに行ってね~」「はい、FTPな人はこっちね~」と交通整理をしてくれます。

L7スイッチは「なんかL4スイッチまでだと物足りないんだけど?」な要望によって登場した(であろう)やつです。
L4スイッチ以上に細かい条件で振り分けができます。

よく分からない人は「L4スイッチのもっとすごい版」がL7スイッチだと解釈しても、かまいません。
L4スイッチでは同じセッションでも別のサーバに振り分けられる可能性がありますが、そんな問題が解決できたりもしますよ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「L7スイッチ」って単語が出てきたら「アプリケーション層レベルでのすごい優秀な交通整理員さんなんだな~」だと、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク