[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

スイッチ (switch)

pointこの用語のポイント

pointネットワーク機器だよ

pointデータの行き先を振り分けてくれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

スイッチ (switch)とは

ネットワークにおける交通整理員さんのこと。
もう少し真面目っぽく書くと

ネットワーク中のデータを見て、行き先を振り分けてくれる機器のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

ネットワークを流れるデータにはMACアドレスIPアドレスが記載されています。
荷物に宛先が書いてあるのと同じですね。

それらの情報を見て「はい、あなたはこっちに行ってね~」「はい、あなたは通っちゃ駄目ですよ~」と交通整理をしてくれる機器が「スイッチ」です。

スイッチ

ぽちっ(--)σと押すのも一般的に「スイッチ」と言いますよね。
あのスイッチと意味は同じです。
イメージは異なりますけどね。

ネットワークの世界で「スイッチ」と出てきたら、ON/OFFできるアレでは、ありません。
十中八九、交通整理員さんの方です。

一口に「スイッチ」と言っても、データの何を見て交通整理するかによって、いくつかの種類に分類されます。

よく見かけるのは

L1スイッチレイヤ1物理層)レベルで行き先を振り分けるスイッチ
L2スイッチレイヤ2データリンク層)レベルで行き先を振り分けるスイッチ
L3スイッチレイヤ3ネットワーク層)レベルで行き先を振り分けるスイッチ
L4スイッチレイヤ4トランスポート層)レベルで行き先を振り分けるスイッチ
L7スイッチレイヤ7アプリケーション層)レベルで行き先を振り分けるスイッチ


です。
余裕があれば、併せて勉強してあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「スイッチ」って単語が出てきたら「データの行き先を振り分けてくれる機器なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク