[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

レイヤ3 (L3)

pointこの用語のポイント

pointOSI参照モデル(通信機能のモデル・イメージ図)の中身だよ

point「ネットワーク層」のことだよ

point目的の機器への信号の受け渡しに関するあれこれを定めたものだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

レイヤ3 (L3)とは

OSI参照モデルにおける第3層「ネットワーク層」のこと。
つまり

OSI参照モデルの第3層で、目的の機器への信号の受け渡しに関するあれこれを定めたもの
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「OSI参照モデル」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

OSI参照モデルは、大雑把に言えば「通信機能をふんわりと定義したもの」です。
OSI参照モデルではネットワークを7つの階層に分けて定義しています。

レイヤ3

それぞれの階層は「レイヤ」と呼ばれています。
レイヤの意味は「層」です。

以上を踏まえて、OSI参照モデルにおける第3層、つまり「ネットワーク層」を指す別の表現が「レイヤ3(L3)」です。

レイヤ32

ネットワーク層では「目的の機器へデータを渡すためのあれこれ」が定められています。
ネットワーク層の詳細は用語「ネットワーク層」の解説をご覧ください。

聞き慣れない用語かもしれませんが「L3スイッチ」の「L3」は、この「L3」です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「レイヤ3(L3)」って単語が出てきたら「ネットワーク層のことなんだなー」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク