[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

セッション管理

pointこの用語のポイント

pointセッションを管理することだよ

point「こんにちは」から「さようなら」までを管理するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

セッション管理とは

「こんにちは」から「さようなら」までを管理すること
です。

image piyo

詳しく書くよ

その名の通りセッションを管理することを「セッション管理」と言います。
ちなみに「セッション」は「『こんにちは』から『さようなら』まで」ね。

例えばウェブの世界では要求応答通信が完了します。

クライアントさん→ページ頂戴→サーバさん

クライアントさん←はいどーぞー←サーバさん

で完了です。

次のページが見たくなって

クライアントさん→次のページ頂戴→サーバさん

クライアントさん←はいどーぞー←サーバさん

のやり取りをしたとき、実はサーバさんにはクライアントさんの見分けがつきません。
最初のクライアントさんと次のクライアントさんが同じ人か違う人か分からないのです。

これでは困りますよね?
クライアントさんが同じ人か違う人か分からないとショッピングカートや認証機能ができません。

そこで賢い人たちがクライアントさんが同じ人か違う人か判断できる仕組みを考えました。
その結果、常に一期一会だったウェブの世界に「あっ、さっきもお会いしましたね」な概念が出来たのです。

この「あっ、さっきもお会いしましたね」を把握・管理するのが「セッション管理」です。

例えばパソコンが動かなくなってサポートセンターに電話したとします。
ほんであれやこれやとアドバイスを受けて自分で直してみました。

結局直らなかったのでもう一度電話しました。

このとき最初から症状を説明しないといけないのがセッション管理されていない状態です。
常に初対面、一期一会の世界ですね。

一方、前の電話の内容が既に申し送りされているのがセッション管理されている状態です。
問題発生(こんにちは)から問題解決(さようなら)までの一連の流れが把握・管理されています。

このように「こんにちは」から「さようなら」までを管理するのがセッション管理です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「セッション管理」って単語が出てきたら「『こんにちは』から『さようなら』までを管理するんだなー」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク