[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アプリケーション層【OSI参照モデル】

pointこの用語のポイント

pointOSI参照モデル(通信機能のモデル・イメージ図)の中身だよ

pointネットワークを利用するアプリケーションとやり取りする部分に関するあれこれを定めたものだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アプリケーション層【OSI参照モデル】とは

生徒手帳(OSI参照モデル)に書いてある校則の分類で「プログラムさんとの窓口になる奴等のあれこれが書いてありますよ」な大項目のこと。
もう少し真面目に書くと

OSI参照モデルの第7層で、ネットワークを利用するアプリケーションとやり取りする部分に関するあれこれを定めたもの
です。

image piyo

詳しく書くよ

OSI参照モデル」は「国際標準化機構が決めた通信機能の共通ルール」です。
詳しい説明は「OSI参照モデル」の解説をご覧ください。

このOSI参照モデルではネットワークを7つの階層に分けて定義しています。

アプリケーション層

その7つの階層の第7層にあたるのが「アプリケーション層」です。

アプリケーション層2

アプリケーション層では、実際にアプリケーションとやり取りする部分に関するルールが定められています。

そもそものお話になってしまいますが「OSI参照モデル」は通信機能に関するモデルです。
そして通信機能は様々なアプリケーションから利用されます。
そのため通信機能にはアプリケーションさんとの窓口になる部分があります。

この「通信機能のアプリケーションさんとの窓口部分」に関するルールが定められているのが「アプリケーション層」です。

ちなみに「アプリケーション」と「アプリケーション層」は別なのでご注意くださいね。
アプリケーション層はアプリケーションとの「窓口」です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「アプリケーション層」って単語が出てきたら「OSI参照モデルの中身の分類で『アプリケーションさんとの窓口部分に関するあれこれ』なんだなー」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク