[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

オペレーティングシステム (OS)

pointこの用語のポイント

pointソフトウェアだよ

pointパソコンさんの人格に相当するよ

pointパソコン以外のコンピュータにも入ってるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

オペレーティングシステム (OS)とは

パソコンさんの人格に相当するソフトのこと。
もう少し具体的に書くと

パソコンさんの「これが無いとパソコンじゃねーよ」な基本ソフトのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

OSのないパソコンは、ただのパソコンです。
もとい、ただの箱です。

パソコンさんをパソコンさんたらしめている最重要ソフト、人間に例えれば「心」や「人格」に相当するソフトが「オペレーティングシステム(OS)」です。
一般的には「Operating System(オペレーティング・システム)」を省略して「OS(オー・エス)」と表現されます。

OS

パソコンさんはOSを入れることで、はじめてパソコンとしてのお仕事ができます。
ちなみに「OS」という用語が世間に広まったきっかけがパソコンなので「パソコン」と書きましたが、スマホやその他のコンピュータ類でも同じです。

OS2

OSと呼ばれるソフトには、いくつかの種類があります。

パソコンさんの世界では、WindowsMacLinux辺りが有名どころです。
スマホの世界であれば、iOSAndroidなどが主流です。

パソコンさんの中にWindowsを入れれば「はーい、ボクはWindowsだよー」な人格になりますし、Linuxを入れれば「ヘーイ、ミーはLinuxさー」な人格になります。

OS3

この人格の微妙な違いで、同じソフトでも動いたり動かなかったりします。
使い勝手が変わってきたりもします。

人間だって、同じですよね。
同じことをしても、人によって反応が違います。

パソコンさんも人格によって反応が違う場合があるのです。
この反応の違いが、作る立場の人を、いろいろと悩ませてくれます。

こんちくしょっ。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「オペレーティングシステム(OS)」って単語が出てきたら「コンピュータの人格に相当するソフトなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク