[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

トランスポート層【OSI参照モデル】

pointこの用語のポイント

pointOSI参照モデル(通信機能のモデル・イメージ図)の中身だよ

point目的の機器への「正しい」信号の受け渡しに関するあれこれを定めたものだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

トランスポート層【OSI参照モデル】とは

生徒手帳(OSI参照モデル)に書いてある校則の分類で「目的の人へ『正しく』データを渡すためのあれこれが書いてありますよ」な大項目のこと。
もう少し真面目に書くと

OSI参照モデルの第4層で、目的の機器への『正しい』信号の受け渡しに関するあれこれを定めたもの
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「OSI参照モデル」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

OSI参照モデルは、大雑把に言えば「通信機能をふんわりと定義したもの」です。

通信をするときには、送り手と受け手で同じルールを共有する必要があります。
片方が日本語で話しかけたのに、もう一方が英語でお返事をしたのでは、コミュニケーションが成り立ちませんよね。
それと同じです。

トランスポート層

ところがどっこい、以前はメーカーごとに好き勝手なルールを作って、好き勝手に通信をしていました。
あるメーカーさんが作った機器は日本語でやり取りしていましたし、別のメーカーさんが作った機器は英語でやり取りしていたわけです。

これでは、別のメーカーさんが作った機器とやり取りしようとしても言葉が通じません。
「他のメーカーの製品とは通信できない」残念な状況だったのです。

トランスポート層2

これは不便ですよね?

そんな状況を見た賢い人が「共通ルールを作ってしまえば、メーカーが違っても通信できるんじゃないかな?」と考えました。

なるほど、確かにそうです。

そこで国際標準化機構という団体さんが「データ通信機能は、こんな感じにしてね!」なルール(モデル)を作りました。

このルール(モデル)を満たしている製品は、異なるメーカーでも通信できます。
人種が違っても同じ言語を話せばコミュニケーションは取れますよね。
それと同じです。

トランスポート層3

この異なるメーカーの製品でも通信できるようにするために作られたルール(モデル)がOSI参照モデルです。

OSI参照モデルではネットワークを7つの階層に分けて定義しています。

トランスポート層4

なんで分けて考えるかというと、まとめて考えると頭が痛くなるからです。
あっちもこっちも一度に考えるより、部分ごとに1つずつ考えた方が分かりやすいだろうと判断したのでしょう。

以上を踏まえて、OSI参照モデルにおける7つの階層の第4層にあたるのが「トランスポート層」です。

トランスポート層5

トランスポート層では、やり取りの正確さに関するルールが定められています。
小難しい表現を使うと「信頼性の確保」ってやつです。

例えば、ピヨ太君のパソコンとピヨ子さんのパソコンでやり取りするとしましょう。

トランスポート層6

ピヨ太君のパソコンから出た「ピヨ子さんはカワイイね」なデータが「ピヨ子さんはカバだね」になってピヨ子さんのパソコンに届いたら、どうでしょう。
多分、めっちゃケンカになりますよね。

トランスポート層7

大事な内容であれば正確に伝わらないと困ります。
逆に、そこまで大事でない内容なら、少しくらい正確でなくても困らないでしょう。

この「通信の信頼性」に関するあれやこれやが取り決められているのが、トランスポート層です。

例えば「TCP」や「UDP」と呼ばれている通信プロトコル(通信するときに使うお約束事)はトランスポート層に該当します。

詳しい方は「UDPって信頼性を確保しないじゃん」と思うかもしれませんけどね。
「信頼性を捨てる(ことで速度を優先する)」という意味で「通信の信頼性」に関するあれやこれやです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「トランスポート層」って単語が出てきたら「OSI参照モデルの中身の分類で『通信の信頼性に関するあれこれ』が定義されているんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク