[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

アクティブモード (ACTIVEモード)

pointこの用語のポイント

pointFTP接続のやり方だよ

pointデータ転送用の線をサーバ側から投げるよ

point「PASVモード」の逆だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

アクティブモード (ACTIVEモード)とは

FTPのやり方の一つで、やり取りするために必要な2本の線(制御用の線とデータ転送用の線)のうち、制御用の線をクライアントからサーバに投げて、データ転送用の線をサーバからクライアントに投げる方式のこと
です。
言い換えると

普通の(昔ながらの)FTP接続のやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「FTP」のあれやこれやについて簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

FTPは「インターネットの線を使ってファイル送受信する仕組み(のひとつ)」です。
ネットワーク経由でファイルを送受信する際のメジャーなやり方です。

もう少し正確に書くと、ファイルを送受信する際の決まりごとですけどね。
そこら辺は、ゆるく捉えてください。
「ファイルを受け渡しするときに使うんだなー」程度の理解でも構いません。

ACTIVEモード

FTPでやり取りする際に「ねーねー。FTPでやり取りしようぜー」と提案する側のコンピュータやソフトは「FTPクライアント」と言います。
いわゆる「FTPで接続する方」です。

ACTIVEモード2

それに対して「仕方ないなー。相手をしてやるか」と受け入れる側のコンピュータは「FTPサーバ」と言います。
こちらは「FTPで接続される方」です。
「FTPの接続先」と表現しても良いでしょうね。

ACTIVEモード3

FTPサーバとFTPクライアントがやり取りをするには、前準備として2本の線を張っておく必要があります。

1.制御用の線
2.データ転送用の線


の2本です。

ACTIVEモード4

2本の線を受け渡す流れを見ていきましょう。
まず制御用の線をFTPクライアントからFTPサーバに投げます。

ACTIVEモード5

FTPサーバが線を受け取れば、第一段階は完了です。
FTPクライアントとFTPサーバの間に、制御用の線が張られました。

ACTIVEモード6

次に、データ転送用の線の受け渡しを行います。

ここで本題です。

データ転送用の線を、FTPサーバからFTPクライアントに投げるやり方が「ACTIVEモード」です。

ACTIVEモード7

制御用の線をFTPクライアントから受け取ったFTPサーバは、データ転送用の線を投げ返してやります。

ACTIVEモード8

FTPサーバの投げたデータ転送用の線をFTPクライアントが受け取れば、準備完了です。
制御用の線とデータ転送用の線が、FTPクライアントとFTPサーバの間に張られていますよね。
あとは、ファイルを受け渡しするだけです。

ACTIVEモード9

このように、データ転送用の線をFTPサーバからFTPクライアントに投げるやり方がACTIVEモードです。
制御用の線は、FTPクライアントからFTPサーバに投げます。
データ転送用の線は、FTPサーバからFTPクライアントに投げます。

ACTIVEモード10

なお、ACTIVEモードの逆、データ転送用の線をFTPクライアントからFTPサーバに投げるやり方は「PASVモード」と言います。

ACTIVEモード11

ACTIVEモードとPASVモードはセットで覚えてあげてください。
データ転送用の線をFTPサーバからFTPクライアントに向かって投げるのが、ACTIVEモードです。
FTPクライアントからFTPサーバに向かって投げるのが、PASVモードになります。

ACTIVEモード12

「別に、どっちから投げても同じじゃね?」と思う人もいるでしょうが、実は結構、違いがあるのです。

FTPのやり方は、もともとACTIVEモードしかありませんでした。
まず制御用の線をFTPクライアントからFTPサーバに投げて、データ転送用の線をFTPサーバからFTPクライアントに投げるやり方です。

ACTIVEモード13

ところがですね。

このやり方だと、ファイアーウォールネットワークの門番)がお仕事をしていた場合に、FTPサーバさんの投げたデータ転送用の線が、途中で叩き落されたりします。

ACTIVEモード14

つまり、FTPサーバさんの投げたデータ転送用の線がFTPクライアントさんに届かないわけです。

ACTIVEモード15

そんなのが続いたFTPサーバさんは

おまえ主導でいいからきっちりつなげや!(#゚д゚)

とキレました。

ACTIVEモード16

そうして生まれたのが、PASVモードです。

ACTIVEモード17

半分は冗談ですが、半分はホントの話ですよ。

例えば、ホテルや公共の場では、ファイアーウォールの設定によって、FTPサーバ側からFTPクライアント側に線を張れない場合があります。
そんなときは、PASVモードを使う必要があります。

というか「基本的にはPASVモードで接続する」と思っておけば大丈夫ですけどね。
最近はあまり、ACTIVEモードで接続する機会はありません。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ACTIVEモード」って単語が出てきたら「サーバ側からデータ転送用の線を投げる、FTP接続のやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク