[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

マルチキャスト (multicast)

pointこの用語のポイント

point複数相手の通信だよ

point「ユニキャスト」や「ブロードキャスト」と対比されるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

マルチキャスト (multicast)とは

複数の相手に同じデータを送ること
です。

image piyo

詳しく書くよ

複数の相手に同じデータを送るのが「マルチキャスト」です。
つまり、1対多の通信ですね。

マルチキャスト

「マルチキャスト○○」といった形で登場する場合もあります。
「マルチキャスト○○」は「1対多」の何かだと解釈してください。

例えば「マルチキャストアドレス」という用語があります。
マルチキャストアドレスは「そのアドレスIPアドレスとかMACアドレス)に送ると、そのアドレスと紐づいた機器全部に届くようになっているアドレス」です。

マルチキャスト2

マルチキャストアドレス宛てに送ったデータは、複数の機器に届きます。
1対多の通信になるわけです。

これでマルチキャスト自体の説明は終わりですが、せっかくなので「ユニキャスト」と「ブロードキャスト」も説明しておきましょう。

ユニキャストは「1人の相手にデータを送ること」です。
1対1の普通の通信を指します。

マルチキャスト3

ブロードキャストは「同じネットワーク内にいる全員に同じデータを送ること」です。
1対多(全員)の通信を指します。

マルチキャスト4

マルチキャストは、ユニキャストとブロードキャストの中間なイメージです。

せっかくなので、全部まとめて覚えてあげてください。

・ユニキャスト:1対1
・マルチキャスト:1対多
・ブロードキャスト:1対多(全員)


です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「マルチキャスト」って単語が出てきたら「1対多の通信なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク