[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

フルサービスリゾルバ (full-service resolver)

pointこの用語のポイント

pointDNSサーバだよ

pointまず自身のキャッシュを参照して答えを探すよ

point分からなければ他のDNSサーバさんに訊きに行くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

フルサービスリゾルバ (full-service resolver)とは

他のDNSサーバさんに答えを教えてもらいに行くDNSサーバさんのこと。
もう少し具体的に書くと

IPアドレスとドメイン名の紐付けに関して、まず自分自身の持っているカンペ(キャッシュ)を見て探し、それでも分からなければ他のDNSサーバさんに問い合わせを行うDNSサーバさんのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

まずは予備知識からいきましょう。

DNSは「IPアドレスドメイン名の紐付けをしまっせシステム」ね。

パソコンさんはIPアドレスしか分かりません。
ドメイン名を見せられても「う~ん、どこの住所だろう」と困ってしまいます。

フルサービスリゾルバ

一方、人間様はIPアドレスがピンときません。
例えば「198.51.100.1」と「198.51.100.10」と「198.51.100.11」の違いなんて、パッと見で分かりませんよね。
うっかりミスも増えそうです。

フルサービスリゾルバ2

そのため、コンピュータさんはコンピュータさんが分かりやすい形式の住所(IPアドレス)を、人間様は人間様が分かりやすい形式の住所(ドメイン名)を扱えるような仕組みがあります。
具体的には、事前にIPアドレスとドメイン名の対応付けを行っておいて、必要に応じて変換するのです。

フルサービスリゾルバ3

このIPアドレスとドメイン名の対応付けを行い、かつ必要に応じて変換してくれる仕組みがDNSです。
また、IPアドレスとドメイン名の対応付けと変換を生業にしているサーバサービスを提供するコンピュータ)を「DNSサーバ」と言います。

フルサービスリゾルバ4

さて、このDNSサーバさんですが、大きく分けて2種類あります。

1つは、自分の管理している情報を教えてあげるのがお仕事のDNSサーバさんです。

自分の中にIPアドレスとドメイン名の対応表を持っていて、問い合わせに対して「あー、そのIPアドレスはこのドメイン名だね~」「そのIPアドレスはこのドメイン名だよ~」と答えてあげます。

対応表に載っていなければ「知らないな~」と答えます。

フルサービスリゾルバ5

このDNSサーバさんは「権威DNSサーバ」や「DNSコンテンツサーバ」と呼ばれています。

もう1つは、どんな手を使おうともお問い合わせに答えてあげるのがお仕事のDNSサーバさんです。

このDNSサーバさんは自分の中にIPアドレスとドメイン名の対応表を持っていません(本当は持っていますが、取りあえず持っていないことにしてください)。

問い合わせがあると、答えを知っていそうなDNSサーバさんに「ねーねー。こんな問い合わせが来たんだけど、答え教えてよ」と訊きに行きます。
言わばカンニング野郎です。

フルサービスリゾルバ6

このカンニング野郎なDNSサーバが「フルサービスリゾルバ」です。

ちなみに「リゾルバ」という用語は「DNSの仕組みにおけるクライアント側のプログラム」を意味します。
DNSサーバさんに対して「ねーねー。このドメイン名に対応するIPアドレス(IPアドレスに対応するドメイン名)は何?」と訊きに行く奴がリゾルバです。

フルサービスリゾルバさんは、DNSサーバのくせに他のDNSサーバさんに問い合わせを行います。
つまり、サーバ(サービスする奴)のくせにクライアント(サービスされる奴)でもあるわけです。

「結局、サーバなの?クライアントなの?」と混乱しないように、ご注意ください。
パソコンさんから見ればサーバです。
権威DNSサーバ(コンテンツサーバ)から見ればクライアントになります。
そんなサーバさんです。

話を戻しましょう。

フルサービスリゾルバさんはカンニング野郎です。
問い合わせがあると、他のDNSサーバさんに答えを訊きに行きます。

ですが、何回も同じ内容を問い合わせたら、どうでしょう?
他のDNSサーバさんも、うんざりしますよね?
最初は優しく教えてくれたDNSサーバさんも、面倒くさそうな顔をするかもしれません。

そこで、フルサービスリゾルバさんは一度問い合わせた内容を自分の中にメモります。
カンペを作っておくのです。

問い合わせがあったときには、まずカンペを見ます。
自分の中にあるカンペを見て、答えが載っていないかを探します。

カンペを見ても載っていなければ、どうしようもありません。
他のDNSサーバさんに助けを求めます。

一応、他のDNSサーバさんに迷惑をかけない工夫はしているのです。
意外と気遣いのできる奴ですね。

この「カンペにメモっておく仕組み」は「キャッシュ」と言います。
キャッシュを使う奴なので、フルサービスリゾルバのことを「DNSキャッシュサーバ」と呼ぶ場合もあります。
余裕があれば、覚えてあげてください。

あっ、そうそう。
フルサービスリゾルバさんが他のDNSサーバさんに答えを訊きに行くときの流れは、長くなるので、ここでは触れません。
興味のある方は、用語「DNSサーバ」の解説の後半部分をご覧ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「フルサービスリゾルバ」って単語が出てきたら「他のDNSサーバさんに答えを訊きに行くDNSサーバさんなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク