[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

スラッシング (thrashing)

pointこの用語のポイント

pointスワップするのに大忙しだよ

pointテンパってるよ

point人間様の相手してる余裕はないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

スラッシング (thrashing)とは

コンピュータさんがスワップに大忙しで外からの呼びかけに対するお返事が遅くなること
です。

image piyo

詳しく書くよ

スワップ」は「メモリが足りないときにメモリの中身をハードディスクに移す機能」のことです。
詳しい説明は「スワップ」の解説をご覧ください。

スワップをするときはメモリの中身をハードディスクに書き込んだり、ハードディスクの中身をメモリに読み直したりします。
つまり忙しく働いているのです。

その忙しさがパソコンさんの許容量を超えた状態が「スラッシング」です。
ビジー状態の一種ですね。
「ねーねー、コンピュータさん。実は用があってね」と言っても忙しくてなかなか反応できない状態なのです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「スラッシング」って単語が出てきたら「パソコンさんがスワップするのに忙しくてテンパってんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク