[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

全角文字

pointこの用語のポイント

point文字だよ

point「あ」と同じくらいの幅だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

全角文字とは

「あ」と同じくらいの幅の文字のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

文字は「あ」とか「い」とかね。

全角文字

「わざわざ説明されなくても分かるよ」という人も多いと思いますが、コンピュータの世界では「あ」や「い」のような「記号としての文字」と「眠い」や「お腹空いた」のような「言葉としての文字」を区別します。
そして

・記号としての文字 → 文字
・言葉としての文字 → 文字列


と呼び分けるのです。

全角文字2

まずは「記号としての文字」と「言葉としての文字」があると理解してください。
その上で、本ページで登場するのは「記号としての文字」です。

さて、コンピュータの世界で一般的に登場する「記号としての文字」は2種類あります。

1.「あ」と同じくらいの幅の文字
2.「a」と同じくらいの幅の文字


の2つです。

全角文字3

以上を踏まえて、先ほど挙げた2種類の文字のうち

1.「あ」と同じくらいの幅の文字

が「全角文字」です。
別に「あ」じゃなくて「ア」でも「1」でも「A」でも良いのですけどね。
日本語入力モード入力した日本語くらいの幅の文字です。

全角文字4

全角文字は縦と横の比率が1:1です。
正方形に、ほぼぴったり収まります。

全角文字5

ちなみに

2.「a」と同じくらいの幅の文字

の方は「半角文字」と言います。

全角文字6

気が向いたら、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「全角文字」って単語が出てきたら「『あ』と同じくらいの幅の文字なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク