[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

パケット (packet)

pointこの用語のポイント

pointデータを細かく分割したものだよ

point通信しやすくするために分割したよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

パケット (packet)とは

データ通信する上で細かく分割されたデータのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

例えばフランスパンを食べるとします。

パケット

一本丸々咥えたら息が詰まります。

パケット2

だからちぎって少しずつ食べるわけです。

パケット3

そうすれば息も吸えるしブルーチーズも一緒に食べたりできますよね。

このときのフランスパンがデータ、お口や喉が回線、ちぎったパンのかけらが「パケット」です。

データもいっぺんに流そうとすると詰まってしまいます。
いえ、もしかしたら詰まらないかもしれませんが、なんか大変そうです。

そこで細切れにして少しずつ送ってやるのです。
細切れにして送ったデータは相手先で合体させて元のデータに戻します。

パケット4

このようにして通信するときの、細切れにしたデータが「パケット」です。

転じて、データ通信量の単位として使われる場合もあるみたいですけどね。
例えば「10パケット」と言ったら「パケット10個分のデータ(転送)量」の意味です。
1kgとか1mと同じ意味合いで1パケット(=パケット1個分のデータ量)が使われます。
携帯電話のデータ通信量とかでよく見かける表現ですね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「パケット」って単語が出てきたら「通信用に細切れにしたデータのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク