[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

サインイン (sign in)

pointこの用語のポイント

point認証するよ

point使えるようにするよ

point「ログイン」と、ほぼ同じ意味だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

サインイン (sign in)とは

「ログイン」と同じ意味だけど一部のサービスでは「サインイン」って表現が使われているんじゃないかなぁ、のこと。
つまり

特定の人しか入れない場所や使えないサービスを「自分はOKな人ですよー」な認証を受けて使える状態にすること
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「ログイン」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

ログインは、ざっくり一言で説明すると「認証して使えるようにすること」です。

サインイン

多くの場合、認証はIDパスワードを使って行います。

IDは、ログインする対象のサービスから払い出されたIDだったり、登録するときに入力した自分のメールアドレスだったりです。
パスワードは会員登録とかするときに自分で決めたパスワードです。

それらのIDとパスワードを入力して「おまえは使ってOKなやつかな?」を確認してもらい「あぁ、おまえは使ってOKなやつか。どうぞ使ってください」にするのがログインです。

サインイン2

以上を踏まえて、ログインとほぼ同じ意味だけど一部のサービスではこっちの呼び名が使われているかな?な表現が「サインイン」です。
サインインとログインに特に違いはありません。
強いて言えば、言葉の持つ雰囲気が違うくらいですかね。
どちらも、行為としては「認証して使えるようにすること」です。

サインイン3

「サインイン」は「サインしてインする」です。
意図は「署名して入る」でしょう。
この用語を作った人は「『ログイン』よりも『サインイン』の方が分かりやすいじゃん!」と思ったのかもしれません。

……余計なことをしやがって(-。-)ぼそっ

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「サインイン」って単語が出てきたら「認証して使える状態にするんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク